車社会だと必要

RAIL700についていた片足スタンドを外して
ダブルレッグセンタースタンドを装着しました。
田舎は駐輪場を設置してある施設が少なく、
白線で囲ってあるだけみたいな条件だと
片足スタンドの自転車はすぐに倒れてしまい、
場合によっては近くに停めてある車に当たるかもしれません。

RAIL700にはセンタースタンドを固定する穴と枠があって
GIZA PRODUCTSのCL-KA56というスタンドが綺麗にハマります。
六角穴付ボルトで固定。これもL字の六角レンチで締める際に
チェーンステーに当たるか当たらないかの
ギリギリ。最初は完全に当たっていたので少しでも回すスペースを
作ろうと後輪を外して苦労しました。スプリングワッシャーを噛ませてなかった
ことに気づいてやり直したらワッシャーの厚みの分だけ高さが出来て
レンチがステーにギリギリ当たりませんでした。
よし装着完了!確認すると、スタンドの台座部分の右側がシフトワイヤーに接触。
完璧ってわけにはいきませんねえ。ワイヤーが接触しなくなるまで
棒ヤスリで小一時間削って解決しました。
とりあえずこれで完成としておきます。


スタンドを立てた状態だと後輪がわずかに浮きます。
これがスタンドの一番低い状態なのでどうにもならず。
後輪が着いた状態の方が安定しますが浮いた状態でも
片足スタンドと比べたら全然違います。立てていてクランクも
ギリギリ干渉せずにグルグル回せたので
メンテスタンドを用意しなくてもギア調整やホイール装着の微調整が
簡単に出来て便利。


残るはブレーキか。これが一番厄介かもしれません。

猿には届かず

自転車で少し長い距離を走るとお尻や会陰部が擦れて
炎症が起きやすくなりました。過去に買ったインナーパンツは
パッド部分が分厚くて耐衝撃度合いは高いのですが
サドルの細さに沿って曲がらないから股間には逆効果です。
前の自転車だったらサドルがもうちょっと幅広だったから合っていたのに。
やや分厚いアウトドア向けの秋冬ズボンだったらどうだろうと思って
ネットで注文。最初に届いたものは社会の窓に不具合があって
ジッパーが引っかかって途中から開いてしまうので返品。
次は別の店から似たようなものを注文。
181111-01.jpg

最小のSサイズが私の現在の170cm56kg(鍛えてない体型)にピッタリ。
屈伸をすると少し突っ張る感覚がありました。素材は少し伸びるから何とかなる?
と思いながら出発。サドルに跨るとクッション感。秋冬用の裏起毛です。
ペダルを漕ぐと股間はピッチリしていて程よくフィット。表面が撥水加工かつ
サラサラしているから滑らないし擦れも絶妙。これはあくまで漕ぎ始めの感想なので
油断しないで走り続けること1時間半くらい。

181111-02.jpg
今まで車と電車でしか来たことのない中野市一本木公園に
自転車だけで到達。32kmの距離がそれほど苦にならず。
このまま帰ろうか少し悩んでから先へ進みます。

181111-03.jpg
一本木公園を北に抜けると国道にぶつかり、
そこを山ノ内町方面へ少し行くと国道292号の
バイパスに上がる坂があります。そこを上がると
間もなく山ノ内町に入ります。一段下の遊歩道を
落ち葉に気をつけつつ走ると湯田中温泉街です。

181111-05.jpg
駅に向かうと停車中のスノーモンキー号が。
半年前に中野松川駅を乗り過ごしてここまで来てしまったのが
懐かしいです。

181111-06.jpg
あれ、一本木公園のバラまつりの日記が無い?
今からでも日時指定投稿で日記つくっておくか。
一眼レフの撮影データはすぐにピックアップできます。

181111-07.jpg
湯田中から更に坂道を進んで渋温泉まで来ました。

181111-08.jpg
最後は地獄谷野猿公苑への道の入り口まで来て終了。
実際に猿の温泉入浴を見に行く場合、この北側のルートと
角間川を挟んだ反対側、上林温泉のルートがあります。
どっちがいいんだろう?来月に余裕があったら電車で来るかも。

帰りは中野市街地までひたすら下り。RAIL700はブレーキがイマイチなので
最初からブレーキをかけて速度があまり上がらないようにしてゆっくり下りました。

181111-09.jpg
やっとこさ地元に戻ってくると交通事故発見。自損なのか
それとも相手がいて弾き出されたのか、歩道橋の上からでは
わかりませんでした。ここに来る少し前は五輪大橋側からの道路の
歩道をゆっくり走っていると道路からコンビニに減速せずに
斜めに入ってきたVOXYに轢かれそうになるし(ナンバーは控えた)
歩道橋を降りてすぐの南バイパスの信号では
オバちゃんの車が停止線を大幅に超えて横断歩道を塞いでいるし、
結局みんな止まるべきところで止まらないから交通事故が起きやすくなるんです。
自転車も同様。長野市もようやく自転車に関して色々動き出しましたが
逆走や一時不停止が横行する現状がすぐに改善されるとは到底思えません。
私も偉そうな事を言っていつ加害者になってもおかしくないので
サイクルあんしん保険サービスに加入しておきました。

181111-10.jpg
ちなみに昨日のライドは往復80kmでした。今まで70km以上走った事がありませんでしたが、
余力を残したお陰で今日も元気です。100km走れるようになるかな?

嬉しくないけど嬉しい誕生日

本日は誕生日でした。
生誕時刻が5:45ということをいつも親から聞かされていて
朝の仕事中に「あと30分」みたいに意識していたのですが、
当の瞬間は仕事に没頭していて気づいてみたら6時をとっくに過ぎていました。
午後に両親と食事したり、夜には友達からのプレゼントが届いたりと
例年通りの過ごし方でした。

それとは関係ありませんが、食事のあとにケーズタウン若里に寄って
親と別行動でケーズデンキのカメラ売り場へ。展示されていたEOS Rを初めて触りました。
近所のキタムラの発売前展示はガラスケースの中だったので触れませんでした。
見ただけの時点は専用のモード変更ダイヤルが無いのが
個人的な不満でしたがダイヤル真ん中のMODEボタンを押してから回すのは
物理ダイヤルでも似たような動作だったので別にあれでいいかな、と思いました。
他の機能も割り当てられるし。
標準ズームのRF24-105も第一印象ほどの大きさは感じられず、
カメラ本体との一体感が強くて意外と持ちやすかったです。
EVFは慣れれば問題なさそう、眼鏡でも四隅まで見えるのが良い点。
AF速度は申し分なし。アダプター+EFレンズでも速いそうなので、
静物撮影ならEOS Rで余裕でしょう。

高いところは気持ちが良い

もう2週間前の出来事になってしまいましたが
両親と北志賀竜王のソラテラスへ行ってきました。
1時間ちょっとで竜王ロープウェイに到着。
2300円と高いチケットを購入し、ロープウェイに乗ります。

181008-00.jpg
どんどん上っていき、既に雲が下目線。

181008-01.jpg
到着。これを撮影したのはもっと後ですが。

181008-02.jpg
三連休の最終日ながらも県外からの観光客が多め
(駐車場の車のナンバーから)で、テラスでも賑わいを見せていました。

181008-03.jpg
ソラテラスカフェ側から撮影。この日はずっとこんな感じで
雲海を見ることは出来ませんでしたが晴天で暖かく
この時期のこの標高の割には厚着をしなくても平気でした。

181008-04.jpg
ソラテラスカフェ。上の入り口は食事ができるところ。
ここが大繁盛でした。私はお腹が空いていないから
カフェラテだけ飲んで終わらせましたが、
母は私が外で撮影している間にオムライスを頼んで食べていた模様。
普段なら外出すら面倒くさがって行列に並ぶなんて絶対無いのに
テレビに触発されると行動力がグンと上がる母。

181008-05.jpg
カフェの1Fは小さな土産物スペースと窓。
その窓からが一番よく見えます。
ちなみにこのポツンとある山は高社山。

181008-06.jpg
ロープウェイ乗り場の裏手には岩山があり、よじ登るか
歩道を使って上から見下ろすことが出来ます。

181008-07.jpg
紅葉が始まっていてきれいです。

181008-08.jpg
二時間ほど堪能してから帰りました。

3000円でスカイツリーに行くよりは2300円プラスアルファで
ソラテラスに来た方が良いのでは?と思いましたが、
東京の押上と長野県の山ノ内とではいろいろな意味で
比較をするべきではないのかもしれません。
こっちは他に何もないし。

帰りは一般道で中野~小布施~須坂と通って
「湯っ蔵んど」に久々に寄って入浴と食事をしました。

適当に撮ってきた

先週の事ですが近所の茶臼山動物園へ行ってきました。
6月下旬に生まれて9月から一般公開されているアムールトラの赤ちゃん目当てです。
元気があったら自転車で恐竜公園まで行って歩いて北側入り口~モノレール
でしたが、疲れ気味だったので車を運転して南側入り口です。
先週の土曜からずっと体調が優れないくらいだから
もし自転車で無理していたら今より悪化していたと思います。

180904-14.jpg
動物園へ入ってアムールトラの屋内展示場を覗いてみるとおらず、
暫く待っていると隣の産室から出てきました。でもすぐに引っ込んでしまいました。

180904-15.jpg
動物園の帰りに寄ってみてまた暫く待ってみました。
今度は母子勢揃いで出てきてくれました。

180904-16.jpg
野生のアムールトラはヒグマすら捕食するとか。
そんな猛獣も我が子には優しい。
「虎の子」という言葉の通りです。

180904-17.jpg
ベロンベロン舐め回していました。

180904-18.jpg
舌が長い。数年前に横浜の野毛山動物園で
食事タイムを撮影した時も舌ながっ!て思いました。

180904-19.jpg
じゃれ合う子どもたちを撮影した写真を切り出し。
4頭生まれて1頭は残念ながら死亡、3頭は大きくなったら
別の動物園へ移されます。アムールトラは絶滅危惧種なので
日本の動物園は繁殖の為の努力をしています。

180904-20.jpg
父トラは外の檻で悠然としていました。