長いシーズンが終わった

2016年の横浜DeNAベイスターズは10月15日に終戦しました。
ペナントレースの成績は

3位のAクラス入り!
143試合 69勝 71敗 3分(勝率 .493 )

15年ぶりの勝ち越しはなりませんでしたが
3位になってクライマックスシリーズの1stステージで
2位の巨人を破り、ファイナルまで勝ち進むことが出来ました。
1位の広島相手には力負けして1勝止まりでしたが
最後まで諦めずに感動しました。

シーズン序盤は先発陣が奮闘、一時はチーム防御率が
12球団1位になりました。特にルーキーの今永と二年目の石田は
ここ数年の左腕不足を解消してくれる活躍でした。
井納は山口の開幕出遅れをカバーしてくれてイニングも沢山食ってくれたし、
その山口も出ている間はどすこい劇場を極力抑えて11勝も挙げました。
途中から中継ぎに回った砂田、以前から中継ぎに転向していた田中、
同じく転向組の須田は火消しに回ってくれました。
ルーキーイヤーと比べると物足りない山崎康晃や三上は
投げれば打たれる試合もそこそこ見られたものの、最終的に
大きな破綻だけは避けてくれて十分な数字を残したと思います。

打線は序盤から中盤まで低迷していたのを
梶谷、ロペス、4番固定の筒香が文字通り打破した印象が強いです。
特に筒香は7月にホームランを16本も打って最終的には44本110打点の二冠王。
ロペスも終盤にブーストがかかって来日初の30ホームラン。
デッドボールで大失速してしまったヤクルト山田に4本差と迫る勢いでした。
これらがソロムランで終わらなかったのは1番に固定された桑原将志の功績が大きいです。
クリンナップに回したり下位から得点出来たり。
そして正捕手に据えられたルーキーの戸柱。時折見せる大胆なリードで
ベイスターズの投手陣に3球三振の選択肢も用意出来ました。
内角球の被弾も多くなりましたが、今後を考えれば逃げ一辺倒より
ずっとマシ。


変な失策も減ってきました。「守備範囲が狭くてエラーにならないエラー」
これは仕方ない。そうじゃなくて普通に投げればアウトになるのを
握りそこねるとか一塁手の頭の上に投げるとかそういうレベルのエラーです。
ランダウンプレーも良くなりましたね。

来年には期待します。今年は広島以外のチームが低迷した状況下での
3位でもあったので、今年と同じでは順位を落とすことになります。
それでも期待します。今更最下位でも驚かないし。


今季一番のイベントは三浦大輔の引退。入団当時はドラフト同期1位に
斎藤隆が居たからあまり目立ちませんでしたが、これほど長く活躍してくれるとは。
三浦一人でどれほどのイニングを消化してくれたことか。
背番号18は忘れません。

161016-01.jpg
グッズの中では安い部類に入るTシャツ。
それでも大事にとっておこうと思います。

Date: 2016.10.16 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

短く

プロ野球界の賭博問題は決着がつかないまま
ペナントレースが始まりました。ベイスターズはタイムリー欠乏症と
中継ぎ陣崩壊が響き、1勝2敗で広島との対戦を終えました。
チームへの応援は続けますが、横浜スタジアムへ観に行くのは
今年はちょっと厳しいかもしれません。休日の申請をしてまで
行きたくはないな、というのが本音。
Date: 2016.03.27 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

後半は良い所ナシ

7日に今シーズンのペナントレースの全日程が
終了しました。DeNAベイスターズは例年と比較して
珍しく他チームよりも早めに全試合をこなしました。
結果は…

首位(貯金11)からの最下位(借金18)

62勝 80敗 1分 勝率 .437
首位とのゲーム差 14.5
5位とのゲーム差 1.5
得点 508(リーグ2位)
失点 598(リーグ最下位)
本塁打 112(リーグ1位)
盗塁 57(リーグ5位)
打率 .249(リーグ3位)
防御率 3.80(リーグ最下位)

オマケ
暴投 68(日本記録タイ)

50試合目に30勝1番乗りしたということは、
残りの93試合を32勝60敗1分です。
シーズンの3分の1だけ全力疾走して
残り3分の2はバテバテの借金28。
交流戦だけじゃなくて結局セ相手でも勝てなくなって
この結果です。

得点に関してはバント多用でそれ以外の進塁打や
打点が入らない部分が多々ありましたが、
他のセのチームも大概だったので劣ってはいませんでした。
出来れば筒香や梶谷以外にも他のチームが欲しがるくらい
結果を出してくれる野手が出てくれると
安定して得点出来るようになるんですが。


問題は守備。まず先発投手陣の崩壊。
久保や山口や井納が結果を出さなくてはいけなかったのに
久保は序盤と終盤ダメだったせいで結局規定到達しなかったし、
山口に至ってはさっさと他と代えとくレベルでした。
三嶋や高崎はそれ以下で、井納は派手な炎上こそしなかったけど
やはり規定には9回くらい足りず。モスコーソは4月下旬に怪我してからは
復帰に時間が掛かった上にポンコツになってしまいました。
先発陣の勝利数は久保の8勝がチームトップで
その次が三浦の6勝。井納や三嶋の5勝なんて
エレラの救援勝利数と一緒です。どうなってんの?
中継ぎ陣はある意味もっとひどかったかもしれません。
山崎康晃が居なかったらどうなっていたか。
あとは三上が来年もそれなりに投げてくれそうなのが
せめてもの救いです。

暴投数が半端なかったといっても、同じ球を別の球団の
捕手が受けていたら2割は逸らさなかったと思います。
野手についても似たようなところがあって、
普通の守備範囲だったら捕球出来るか打球に触れてエラーになる
ところを、全く打球に届かずにヒット扱いになっています。


中畑監督は成績の責任を取って辞任し、
新しい監督で仕切り直しです。でもコーチ陣は
殆ど辞めていないのが引っかかります。
そこも弄らないと来季は借金18の倍くらいに
なっているかもしれません。出来れば去年みたいに
交流戦や巨人に勝ち越せるチームになって欲しいです。
Date: 2015.10.08 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

左腕に期待

ベイスターズはオールスターゲームの前に85試合を
消化し、42勝42敗の勝率五割。こんなんですが一応首位です。

交流戦が終わってからも各チームとの対戦成績は下がる一方で
広島には3戦目の中止を「12連敗中だから逃げた」と言われ、
阪神には普通に負けまくり、シーズン開始当初から相性の悪かった
ヤクルトにも負け越し。それでもズルズルいかなかったのは
巨人相手に一つも落とさなかったお陰でした。
その巨人も、先週の5試合を全部勝って5連勝だったので
別に不調な訳ではなかったのに。阪神にしても中日と巨人に
負け越して借金1になっているし、謎の調整力が働いています。

出来れば今のペースをあと60試合維持して
クライマックスシリーズに出たいです。
その為には安定した先発が欲しいところです。
開幕当初の先発ローテで残っているのが交流戦後に
本領発揮の久保と最近不調な井納だけ。
三嶋、高崎は早い内に沈み、モスコーソは安定していたのに
8連敗目を阻止した代償に肉離れで離脱、
戻ってきてからは不調で中継ぎ調整も失敗。
山口は良かったのは序盤だけ、他の投手よりチャンスを
多く与えられながらもそれに応える事が出来ずにようやく2軍。
交流戦後に勝利した久保以外の先発投手が
三浦投手コーチと育成出身19歳の砂田だけという。
砂田はまだ先があるかもしれない、昨日投げた石田も
もうちょっとイケるかもしれない。あとは新外国人のビロウが
活躍してくれることを祈りますが、彼はメジャー昇格時に
松井秀喜に日米通算500号となるホームランを打たれているんですね。


松井秀喜は左投手をものともしない打者だったので
直接の参考にはならないといってもこれは左右関係なく
打たれそうな甘い球でした。大丈夫なのかな…
Date: 2015.07.16 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

初勝利

試合結果を更新するのは諦めましたが、
今回は砂田について書きます。
昨日の7月8日は育成→支配下登録の砂田毅樹が
プロ初勝利を上げました!

砂田は秋田の明桜高等学校を卒業後、2013年秋のドラフトで
横浜から育成1位の指名を受けて入団。2軍で結果を出し、
今年の交流戦でとうとう支配下登録されました。

初登板は日ハム戦で相手投手が大谷でしたが
あの試合は1点リードの6回にランナー二人出したところで
平田に交代し、その平田が日ハムの代打矢野に初球を
スタンドインされて砂田は負け投手になってしまいました。
あそこで交代しないで砂田を続投させていたら
矢野はホームランじゃなくてタイムリーだったかと。
2点だったかな~なんてタラレバ。まあそれでも負けなんですけど。

次の登板はリーグ戦に戻って巨人相手。5回を長野のソロだけの
1失点。終盤に勝ち越して試合には勝ったものの
勝投手にはなれませんでした。

その次は中日戦。5回を2失点で試合をそこそこ作れましたが
相手の先発大野を攻めきれず、こちらの中継ぎが崩壊したことで
結果的にこちらの得点が半返しになり負け投手に。

そして昨日の広島戦。相変わらず5回までなので本当は
もっと多くのイニングを任せられるようになって欲しいです。
でも無失点は流石でした。先発がこれを出来れば打つ方は
及第点だしチームは勝てるんです。
打線が先制、中押し、ダメ押しで久しぶりに楽な展開でした。
8回のタナケンの投球内容だけは炎上寸前でしたが。
これで砂田は育成出身の選手として19歳11ヶ月で勝利投手となり
最年少記録を更新。10代は史上初でした。

砂田はスタミナやコントロールが課題になっていきますが、
出来れば6回を投げ切って藤井秀悟みたいになってくれると
ありがたいです。ベイスターズには他に使える
左腕の先発が居ないのもあってどうしても期待が高まります。
Date: 2015.07.09 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

あまり打てないしかなり打たれる

毎試合の結果くらいは残そうと思っていたのに
心が折れました・・・
昨日から懐かしい位置に居るし。
Date: 2015.07.05 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

せめていい中継ぎが居れば

トンネルは抜けたので更新しますかね・・・

6月19日(67試合目)
DeNA1-3広島(負:井納)
 32勝34敗1分
井納は最近ダメダメな内容でそこそこの
結果を出すという粘りを見せてくれましたが、
マエケン相手に打線が沈黙。

6月20日(68試合目)
DeNA4-8広島(負:モスコーソ)
 HR:ロペス13号(2ラン)
 32勝35敗

 モスコーソがその日その日的な調子の悪さなら
 中継ぎに回す事を理解しないでもないですが、
 どう見たって下半身に問題有り。投げさせる事自体が
 間違っています。

6月20日
雨天中止


こうやって12連敗したのでした。トンネル一つ抜けても
また長いトンネルになったりして。
Date: 2015.06.24 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

往年の佐々木のフォーク並に落ちた

さすがにここまで酷いとは思いませんでした。
楽天の3試合が終わってから更新する気にならず、
日本ハムとのカードも含めた6試合分を適当に

6月9日(61試合目)
DeNA2-3楽天(負:山崎康)
 HR:白崎2号(ソロ)
 32勝28敗1分
引き分けに持ち込めたと思ったら山崎康のまさかの
サヨナラ被弾。投げたコースが悪すぎました。
そもそも同点にされたのは私の藤田が打ったから。
まさかこうなるとは。

6月10日(62試合目)
DeNA4-5楽天(負田中)
 HR:荒波3号(ソロ)
 32勝29敗1分
12安打で4点しか取れないからこうなります。
また藤田にやられた。タナケン連日のリリーフ失敗。

6月11日(63試合目)
DeNA5-7楽天(負:岡島)
 HR:乙坂1号(ソロ)
 32勝30敗1分
岡島が3連続四球でランナーを貯めて
松井稼頭央と勝負して被弾。もはや芸術的。

6月12日(64試合目)
DeNA7-8日ハム(負:国吉)
 HR:ロペス12号(ソロ)、梶谷4号(2ラン)
 32勝31敗1分
 国吉はどうしてここまで暴投するんでしょうか。

6月13日(65試合目)
DeNA2-3日ハム(負:井納)
 32勝32敗1分 
 さすがに井納が気の毒です。

6月14日(66試合目)
DeNA1-3日ハム(負:砂田)
 32勝33敗1分
 札幌出身の2013育成1位の砂田が一軍初登板。
 割と良かったのにランナーが二人出て、
 巨人から日ハムに来たばかりの連日のヒーロー
 矢野謙次に打順が回り、平田に交代。
 そして平田が初球をホームランにされました。
 砂田は勝投手の権利どころか負け投手に。
 これ、続投だったら被弾は無かったんじゃない?

交流戦成績
18試合3勝14敗1分(12位)
勝率.176(交流戦史上最低勝率)
得失点差-34(11位)
本塁打16(6位) 盗塁8(8位)
打率.259(7位) 防御率4.73(11位)


基本的に全く手も足も出なかった試合はありません。
どこかしらにチャンスがあったのにアホみたいなミスで
チャンスを手放したり、逆にピンチでアホみたいなミスで
失点してそれが相手の決勝点になったり。
もし投手陣の防御率があと1点低かったらもう少し勝てたかも
しれませんが、接戦をことごとく落とす弱いチームに成り下がりました。

リーグ戦に戻って最初のカードは広島。
黒田とマエケンが来るらしいから最下位も見えてきました。
去年の5月~8月みたいに勝ったり負けたりを
続けられたらいいのに。

Date: 2015.06.14 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

勝ち☆無し

埼玉西武ライオンズとの三連戦。

6月5日(58試合目)
DeNA3-3埼玉西武(5回雨天コールド引き分け)
 HR:ロペス9号(2ラン)
32勝25敗1分
 土砂降りの中を強行した試合でした。山口はすっぽ抜けを恐れて
 甘い球を中村にスタンドまで持って行かれ、2アウトを取ったところで
 中断。こんなんなら最初からやるなよ、って思いました。
 土入れしてゲームを再開しても雨は殆ど弱まらず。
 西武の先発牧田も悪条件なのは大体一緒、その時の雨の強さが違いくらい。
 ロペスがタイムリーやら2ランやらで同点に追いつき、試合が5回を終わったところで
 三度目の中断になりました。試合が成立した直後にコールドゲーム宣告するのは
 さすがに方方への問題があるのか、普通に20分待ってからの宣告でした。
 中畑は終始うなだれていたり審判に確認取ったり。西武サイドからは
 遅延行為にみられたようですが、横浜はロッテ戦でやらかしているし
 モスコーソは雨の試合の怪我が原因で離脱していたんだから
 ナーバスにもなります。まあどっちも損しない終わり方で助かりました。ここまでは。

6月6日(59試合目)
DeNA1-5(負:井納)
 HR:ロペス10号(ソロ)
 32勝26敗1分
 井納がけっこう酷かった。酷かったけど失点はソロ3本の3点で
 6回まで投げてQSは達成。西武の打線は力で持っていくから
 QSでも上出来に思えてきます。打つ方は全然。
 菊池君を打ち崩せず、石川は2度もぶつけられ、
 ロペスのソロ以外はコテンパンにやられました。
 菊池雄星投手はプロ入り前から応援していたし
 デブ久保の件は本当に気の毒だったので今年は
 良い結果が出るといいなとは思っていたけど横浜相手にやらんでも・・・
 どっちみち左の速球派は打てません。

6月7日(60試合目)
DeNA3-9(負:三嶋)
 HR:ロペス11号(ソロ)
 32勝27敗1分
 三嶋はいいところ無し。先発崩壊が止まりません。
 いつも以上に制球が悪くて4回105球6失点で降板。
 長田は古巣相手に失点でお返し、後藤も古巣相手に凡退でお返し。
 長田のトレード相手だった渡辺直人はこの3試合でエラーしたり
 併殺打かましたり少し優しかったけどチームの勝敗に影響無いレベルの失敗。
 
 平田が以前の安部ポジに収まりつつあります。本当は
 良い時の国吉小杉レベルで安定して欲しいです。
 とにかく制球ですね。こればっかりは技術とメンタルの問題だから
 簡単にどうにかなるものではありませんが。
 タナケンの復帰後の投球はいい感じ。山崎康の危険球の試合以来でしたが
 今後も役に立ってもらいます。

この3連戦はとうとう1勝も出来なかったのでトータル6勝12敗が
怪しくなってきました。先発崩壊と打線の繋がりが切れたのが痛い。
楽天戦から筒香がDHかレフトか分かりませんがスタメン復帰するらしいので
石川、2番打者誰か、梶谷、筒香、ロペスの1~5番が上手く機能してくれれば
無抵抗試合ではなくなります。そこから先は分かりません(汗)
満身創痍のバルさんを休養させられる代わりの選手が欲しいな~。
他の球団みたいに取ってこれないの?

Date: 2015.06.08 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

一気に沈まないように

6月2日(55試合目)
DeNA6-5ソフトバンク(勝:国吉、S:山崎康)
 HR:梶谷3号、バルディリス7号、井手3号(全部ソロ)
 32勝23敗

6月3日(56試合目)
DeNA2-4ソフトバンク(負:国吉)
 HR:井手4号(ソロ)
 32勝24敗

6月4日(57試合目)
DeNA0-8ソフトバンク(負:モスコーソ)
 32勝25敗

面倒なんで一纏めに。初戦を取れたのは大きかったけど
2戦目は勝てるかもしれない内容で失敗し、3戦目は完敗。
梶谷があまり打線として機能しなかったのが痛い。
横浜の投手陣ではソフトバンク打線を抑えるのは難しいから
こんなもんかといったところ。いつも横浜側のHRしか書きませんが、
ソフトバンクに打たれたHRを書くと柳田2、内川1、イ・デホ3、松田1。
この3~6番に殆どやられてしまいました。打線の穴なんて
打率が二割を切っている今宮と捕手くらい。
二戦目はそれでも三浦がソロ2本被弾しただけで7回を投げ切りました。
8回裏の満塁の好機に得点できなかったのが運の尽き。
ただ1勝2敗は想定内だったし、交流戦で負けない巨人との順位が
入れ替わるのも別に当たり前だと思っています。よく一ヶ月も首位で居られたなあ。
交流戦最下位でもいいからとにかく残り3カード、次の西武だろうが
その次の楽天だろうが3タテだけはされないで欲しいです。

Date: 2015.06.05 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)
FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ