問題なんか何もなかった

「きんいろモザイク Pretty Days」を観てきました。
2013年度にニコニコ動画で観たアニメ作品は思い入れの強いものばかりで
これもその一つです。

Date: 2017.02.01 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

次も考えるか

最近は悪天候が続いています。
自転車で出かけるのは難しく、かといって
車で出かけるのはガソリンが勿体無いです。
家でゲームばかりしているのも飽きます。
室内プールの都度利用で運動したくても
夏に泳いで塩素にやられたのか影響なのか
早朝バイトで手を使っているからなのか
左手の皮膚炎が一ヶ月半くらい悪いままで
泳ぐ気になれないし、これは一人カラオケしか無いと思って
近所のカラオケ店に行きました。
DAMはプレミアダムしか空いてないないって言われて仕方なく精密採点2で。
フリータイムで5時間半近く居座り、途中適度に休憩というか
歌う曲を探しながら40曲ほど歌いました。
三脚をセットして歌のタイトルが出ている時と採点結果を撮影し、
帰宅後にOfficeオンラインで「歌ったリスト」を作成しました。

150917-01.jpg
圧縮で少し見づらい。

最高は89点。それでいて音を取りに行っている歌い方で、
全体的にのっぺりしています。この歌い方では音程を
完璧にしない限りは90点は無理っぽいです。

150917-02.jpg
アイマスの「眠り姫」の採点結果。自分の中では
もう少し得点が上がる可能性を感じる歌です。
ビブラートは伸ばせると思うのであとは音程?

150917-03.jpg
これはのっぺりの典型。つい先日、原作が完結したばかりの
ノブナガンのED「ちいさな星」。普段口ずさんでいるわけでもなく、
カラオケで歌ったのは初めてなのにこの日の最高得点タイとは
ノブナガン愛です(断言)。そして嬉しかったのは点数よりも

まもるべ~き~もの~~まもりた~い~もの~(ポンポンポンポンポンポンポン)
ちゃんとカラオケでも鼓の音入るんだ!って感動しました。
リスペクト!ホームセンター!

フリータイムにドリンクバーついているから
適当な食べ物持ち込んで数時間居れば
コスパがとても良いので来月も行ってみましょうか。
Date: 2015.09.18 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

行くだけ行ってみた

現在放送中のアニメ
「長門有希ちゃんの消失」で何故か長野市の
ダイレクトマーケティングになっています。
聖地巡礼ってほど大層なものではありませんが
本当に近所なんでアニメに出てきた店などの写真を
他人の真似をして撮ってきました。
撮った日付はバラバラです。

150602-01.jpg
おやき食べてた滝屋本店。ここのTwitterアカウントが
番組公式アカウントにお礼のリプをしてましたね。

150602-02.jpg
宿泊場所のモデルの松仙閣。12年くらい前、
言い換えると我が家が引っ越してきた翌年に行ったのが最後。
お見合い風呂がどうこうではなくて温泉の質が
私の手には強烈すぎました。

150602-03.jpg
ここは長年ベイシア(いせや)が入っていましたが、
テナントの20年契約を更新せずに撤退。
他県でもそんな話がチラホラ。ざまあない。
してから地元企業のTSURUYAが入りました。
テナントにEDIONがあるのが地味に嬉しい。
登山に興味はありませんが、モンベルも市内に初進出。

150602-04.jpg
恐竜公園のディプロドクス。
過去に撮った写真でも良かったけど
何となく悔しいので今日撮ってきました。

150602-05.jpg
9話の終わりの方の展望台ってこっちか。
知らずに撮ってました。ここは通常日記の領分として
撮影したものでした。目的の半分以上は植物園へ
行くことでしたから。

150602-06.jpg
「まだこんなにあるのかよ・・・」と思って撮ったもの。
右側はお金払って入る動物園の敷地だから関係ありません。
あくまで左側です。

善光寺と仲見世と温泉宿は宣伝になったけど
スーパーは名前繋がりなだけだし
恐竜公園は何もないしどうなんでしょ、これは。
そして私は涼宮ハルヒの憂鬱も消失も長門有希ちゃんの消失も
あまり興味が無い(笑)

Date: 2015.06.02 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

あの交差点は曲者だった

今期のオリジナルアニメ「ローリングガールズ」は
地方自治体がそれぞれ独立国となっている設定です。
主人公が住んでいる始まりの地が「所沢国」だったので
俄然興味が湧きました。所沢には父と姉が4年ほど住んでいた時期があり、
私も西武新宿線航空公園駅周辺にはそこそこ土地勘があります。
ただ車の運転に関しては地図をパッと見て適当に走ったせいで
道に迷ってばかりでした。所沢駅から具体的に間違った場所は
偶然にもこの作品に出てくる「ファルマン通り」という斜めった交差点です。

大きな地図で見る
Y字路ではありません、左にもう一本道路があります。

第一話の6:00あたりで最初にバイクが左から右へと走っていきます。
150121-01.jpg
航空公園駅側から所沢駅にはこのルートが最短です。

第二話の21:50あたりで主人公の望未がサイドカーで手前側に走ってきます。
150121-02.jpg
8年半前の所沢駅からの帰り、私もこのように道なりに走ってしまいました。
そこから金山町という五叉路でもリカバリーに失敗し、小手指小まで行って
引き返しました。そこからどうやって帰ったかは覚えていません。
当時は物凄く外れへ行った気分でした。今確認すると4kmも走ってない(笑)

今走ったらスマホもあるし間違えない・・・と思う・・・

Date: 2015.01.21 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

これは楽

先日、ファンタジスタドールの北米版BDを購入しました。

140920-b01.jpg
簡素なパッケージ。

140920-b02.jpg
裏面。

140920-b03.jpg
中はDISCのみ。レーベル面のイラストは何故マドレーヌ?
あっちでは人気があるのでしょうか。


再生してみると最初に注意画面やデモ画面が出てウザいのと、
デフォルトで英語の字幕が出るだけでした。
メニューに飛べば1~12話を選んで再生出来ます。

140922-00.jpg
メニューはこの画面。左半分が隠れちゃうのが残念。


140922-01.jpg
北米版。キャプチャー出来る環境が無いので
カメラを三脚に固定して適当に連写。
映像23Mbps、音声がリニアPCMで1500kbps。
140922-02.jpg
ちなみにこれが国内盤。映像34Mbps、音声がDTS-HDで1800kbps。

映像の差はあまりよく分かりませんでしたが音声はリニアPCMの方が
良いような。リニアPCMは非圧縮だから普通に考えてそれが当たり前ですが、
DTS-HDの方がビットレートが大きいのが不思議。
何か理由があるんでしょうね。


とにかく、たった1枚のDISCで全話を視聴出来るのはとても便利。
国内盤は国内盤で残りの巻を買い揃えます。

Date: 2014.09.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

思わぬ発見

ここ一年近く、両親が休日にカラオケに行く事が増えました。
カラオケ番組が増えた影響です。私は学生時代と比較して
行く機会が圧倒的に減ったのと声の衰えを感じて
たまーに歌えばそれでいいや的な感じです。
だから両親に誘われても断っていました。
例外として、姉が帰省した時は家族の団欒として行きますが。
昨日は両親と3人で一緒に出かけた関係で
カラオケに付き合わされました。
両親はDAMよりもJOYを好みます。曲数や設定など、
痒い所に手が届くというのと全国採点みたいなやつで
そこそこ点が出るからだと思います。

私は「JOYだと張り合いないなー」と思いながら
いつものようにアニソンを探してましたが、
「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」の挿入歌「ココロ」
「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」
の挿入歌「misterioso」が入っていたのに感動。
どちらもDAMには入っていません。嬉しくって早速歌いました。
後者はあまり上手く歌えませんでしたが大満足です。

最近は新しいアニソンばかり歌ってましたが
珍しく古い歌も歌いました。AIRのEDの「FarewellSong」。
よく歌っていた2001年頃を思い出して懐かしくなりました。
もっと古いのは「ときメモドラマCD」の「神様の常識」。
ときメモ関連の歌は浪人時代にさんざん聴きました。


次にカラオケに行くのはいつになるだろう?
Date: 2014.05.06 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

やっと2巻目

ファンタジスタドールのBD2巻が昨日届きました。

140416-01.jpg
左のはペラ紙。1巻の裏表紙は存在しないという…
同じ初回限定品なのにへっぽこですなあ。

140416-02.jpg
特典は1巻と同じで音楽CD。サントラの一部とミニドラマ、
主題歌のささらバージョンが入っています。


TV板との違いはカティアの鯖コスチュームが最初から入ってるとか
お風呂ルーレットとしめじの顔が書き直されているのはネットで見たので
知っています。あとはよく分かりません。
第3、4話に出てきた場面は出来たら来週に聖地巡礼をしてみたいです。
あの場所は聖地関係なく行く用事があるので。

3巻は二ヶ月後に購入?夏になったら4~6巻を
一気に購入するかもしれません。
Date: 2014.04.16 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

是非に及ばず

冬アニメ完走作品でまだ書いていないものがありました。

<ノブナガン>
秋~冬の「世界でいちばん強くなりたい!」で
宣伝されていたアース・スターのアニメ作品です。
過去の偉人の遺伝子を持つ者たちがその特殊な能力で
謎の生命体の「進化侵略体」から地球を救う物語。
主役が新人声優で演技が拙い、絵の動きも少ないし
作画も微妙。展開も雑だし「アース・スターにしては面白い」
程度でそれ以上は期待していませんでした。
しかし第一話終わりの戦闘で、「あれ、これ面白い」と
思いました。そして最終的に大ハマリしました。
理由は幾つかあります。

一つ目、「敵と味方がはっきりしていること」
能力者系、戦略系の作品は個人それぞれの思惑があったり
組織数が多かったりしてゴチャゴチャしています。
それらを全部理解出来れば最高面白いのですが、
それには噛み砕く時間が必要です。
「ノブナガン」は昔の宇宙警備隊をオマージュしているらしくて
単純明快。海中で謎の進化をしながら地上へ向かう進化侵略隊に
DOGOOという組織及び主人公たちがどう対抗するか。

二つ目、「皆での戦術・戦略」
敵の進化侵略体はE・遺伝子持ちのAUウエポンでしか
破壊出来ません。しかし皆がみんな攻撃能力に長けている
能力を持っているわけではありません。主人公の小椋しおは
ノブナガン(銃)、アダムは切り裂きジャック(刃物)と
攻撃型ですが、ジェスはニュートン(重力)、
マヘシュはガンジー(バリヤー)で直接攻撃には向きません。
これによって力押しの展開ではなくてチームワークで
敵を破壊することが出来るのが最近観たアニメでは
新鮮な印象を受けました。更に、進化侵略体に対して無力である筈の
通常兵器も利用していたのが良かったです。
基本的には運搬や調査といった裏方でなんですが、
進化侵略体に乗っ取られた戦艦武蔵を沈める作戦では
AUウエポンで攻撃して進化侵略体の装甲を剥がしてから
通常兵器で攻撃。終盤のストーン・フォレスト作戦においては
進化侵略体を貫通出来ない戦車砲を敢えて採用することで
地雷型の進化侵略体を遠距離から衝撃で誘爆させたり、
アダムの背に集中砲火を浴びせてアダムの攻撃を後押ししたりで
大活躍でした。E・遺伝子ホルダーも登場したメインキャラは
全員それぞれの役割があって、誰か何か一人欠けても
作戦が成立しませんでした。だけどそれが分かりやすい。
Date: 2014.04.11 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

感想4

忘れてた。

<凪のあすから>
 海の中の汐鹿生(しおししお)という場所に住む一族と
 地上に住む人間の確執と、男女の恋心が織りなす
 温かい物語でした。最初は海の中で普通の格好で生活している
 世界観に惹かれ、次に恋愛の一方通行具合にイライラしました。
 しかし中盤に「冬眠」という現象で主要キャラに5年のラグが
 生まれたことで一気に面白くなりました。汐鹿生の中では
 ちさきや地上に嫁いだあかりが地上に残って「冬眠」しなかったので
 普通に5年歳を取り、光やまなか、要は5年前のまま。
 あかりの旦那さんの連れ子の美海やその友達のさゆは
 5歳下だったのが光たちと同い年になり、
 みんなして失恋し、別の形で収まっていきます。
 ファンタジーな設定も恋愛絡みだったようで、
 そちらも終息を迎えて大団円。
 面白くて感動した優秀なアニメでした。
 
 

<スペース☆ダンディ>
 基本的に一話完結型で投げっぱなしジャーマンな
 ギャラクシーエンジェル系のアニメ。
 主人公のダンディが未登録の宇宙人を探して
 登録報酬で生計を立てる流れで色々巻き込まれて
 爆発オチだったり56億7千万年後に飛んだり
 メチャクチャです。ただ作画枚数、毎回違うテイストの演出、
 スタイリッシュなBGM、一つ一つがハイクオリティ。
 ニコニコ動画では当初レギュラー放送されず、
 3話までは一挙放送でその後に毎週土曜日にやるように
 なりました。出来れば動画配信でも観たかったです。 
 クオリティ維持の為かどうかは知りませんが
 2クール目は7月から。まだ観られるのは嬉しいです。
 独特なダンディワールドを待ってるじゃんよ! 

<ウィッチクラフトワークス>
 魔法が出てくるラブコメ?主人公の男の子がヒロインポジで
 他は全部魔女。「工房の魔女」と「塔の魔女」の戦いという事
 以外はあまり把握出来ていませんが、キャラが可愛かったからよし。
 たんぽぽちゃん、あまり喋らない子が特に可愛い。
 EDでは水島努ワールドが展開されてて大魔法峠を彷彿させます。
 ウィッチウィッチ!


(4月14日追記)
<ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~>
 魔法・法廷・ロボットと様々な要素を備えたメディアミックス戦略作品。
 よく動くアニメーション、LiaのOP、凄く期待していました。
 魔術を使えるウドと呼ばれる人々が存在する世界。
 その者達を制限する為の法律「魔禁法」、それを扱う「弁魔士」。
 主人公のセシルは魔術使い。幼いころに自分を殺そうとした相手を
 母親が魔術で殺めてしまった事件で母親は死刑判決を受けてしまい、
 その再審請求をするために自ら弁魔士となって事務所に所属。
 セシルには物凄い魔力が眠っているらしく、その封印を解放して
 何か悪い事をしようとしている組織がいます。素材としては最高の設定。
 それなのに魔禁法や魔法廷が逆転裁判も真っ青なザルっぷりで
 説得力がなさすぎ。セシルは戦いの時に周囲の金属を使って
 ゴーレムみたいにロボットを作り出せますが、
 使った金属は元に戻るのかとか、ロボットを出す必要性があったのかとか
 疑問符が常について回りました。最終的には作画が間に合わなくなって
 紙芝居になったり、母親の件も裏の組織の件も未解決のまま終わって
 「結局この12話は何だったんだ」という感想です。
 
Date: 2014.04.09 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

感想その3

大体先週に終わってしまった。

<世界征服~謀略のズヴィズダー~>
 色々と謎なアニメでした。秘密結社のズヴィズダーは
 何で世界征服をしたいのか結局全然考えてなかったのが
 最終回で明らかになったり、古代ウド川文明もよく分からず。
 分からないけど設定が凝っていてアニメとしての質は高く、
 話としても割と面白かったです。ヤスの風見鶏っぷりも
 徹底しててねずみ男みたいでした。
 拡げっぱなしの風呂敷は二期で畳んで欲しいけど
 そもそも二期があるのかどうかは不明です。
 

<東京レイヴンズ>
 秋から2クール続いていたラノベ原作もの。
最初は3DCGに違和感を覚えましたがじきに慣れました。
 陰陽術の設定における専門用語のオンパレードで、
 こっち関係の知識が久遠の絆の微かな記憶程度の自分には
 チンプンカンプンな場面が沢山ありましたが、
 ニコ動(ニコ生上映会の方。動画配信は有料)では
 解説してくれる人が居たお陰で少し理解出来ました。
 一回じゃとても覚えられないので後からwikipediaのお世話に
 なりましたが。原作はまだ続いていますが
 アニメはとりあえず一段落ついた終わり方で納得いきました。
 2クール通して一番印象に残ったのは
 大友先生と蘆屋道満のバトル。ここが一番燃えました。
 主人公の春虎が覚醒した場面よりも大友先生の方が
 カッコイイ。あとかろうじて生きてた爺さん。
 大人の強さや活躍が目立った作品でした。

<ストライク・ザ・ブラッド>
 これも2クールで似たような感じ。主人公のハーレム要素が強く
 戦闘よりも日常パートの方が面白かったです。
 雪菜は何回「いやらしい!」と「いいえ先輩!」を
 言ったのか気になります。
 ハッカーの浅葱はあの島に居る間は死なない設定だとか
 色々と面白いけれど作中に把握するのは難しい。
 さすがに原作までは手を出せないかな~。


<ノラガミ>
 五円で何でも屋を営んでいる謎の神様と、それに関わってしまった
 中3の女の子が織りなす少しハードなハートフルストーリー。
 これも専門擁護が多いのですが基本が神道なので日本人には
 敷居は低い方でしょう。雪音がスケボーやコンビニの募金箱を
 盗んだり悪い事考えたりしただけで主人の夜トがあんなになる
 って事は、もっと悪い事をしたらどうなるのでしょうか。
 最終回のくだりはアニメオリジナルだったようで、
 観ている側としては綺麗に終わって良かったと思います。

<ディーふらぐ!>
 中高生のふざけ合いがそのままギャグ漫画になった感じ。
 ストーリーが面白いというほどではなく、
 とにかくキャラが可愛い。特に高尾さん。
 ニコ動は動画配信は有料だったので、
 実質的には上映会とそのタイムシフト視聴のみ。
 一週間何度も観るという事が出来なかったのが残念です。
 
<Z/X IGNITION>
 トレーディングカードゲームの宣伝に作られたアニメ。
 第一話がぶっ飛びすぎててニコ動の評価が低くなりました。
 いちおうhttps://www.zxtcg.com/story/japan.htmlを見れば
 日本がどうなっているか大体分かります。
 たとえ分からなくても主人公の天王寺飛鳥とその周辺の
 行動を見ているだけでこのアニメは分かったも同然。
 最後綺麗にまとまったけどヒロインは藍那じゃなくて
 綾瀬の方だったとは。公式みると大天使ミカエルは
 従妹だそうです。何か色々広がるから
 ストーリーだけ知りたいなあ。
Date: 2014.04.07 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)
FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ