東京が物騒なことに

PSO2のアニメが何故か学園モノだと知った時は
ガッカリしましたが、始まってみるとこれはこれで結構面白いです。
ニコニコ動画でも生放送が一週間タイムシフトつき、
動画配信も最新話が一週間無料で第一話は常に無料と
サービスが宜しい。

ゲームはEpisodeⅣの配信が始まりました。Ⅰ~Ⅲとは
別物となっていて、初プレイ以後はログイン時にどちらかを
選択することが出来ます。レベルやアイテムは共有。
プレイヤーキャラはEPⅢにおける戦いの後、どうやらコールドスリープに
入ったらしく、2年が経過して目覚めるところから始まりました。
アークスの組織形態が変更されていて
ウルクをトップに六芒の皆さん+αが2人体制で各部を担当。
その下部組織がどこまで存在するのか現時点では不明ですが、
あまりにも単純すぎてうまく纏まるのでしょうか。

主人公はリハビリ名目でとあるアークスと任務をこなし始めますが、
その後の展開が、アニメとリンクしそうです。

pso20160128_100004_008.jpg
アニメの第四話のタイトルが
「ファンタシースターオフライン」
完全にぶつけてきています。

PSOシリーズでこの手法を使って欲しくなかったけど
新規を取り込もうとするならアリ、なのかなあ。

今度は東京が舞台。といっても今までの場所にも
普通に行かれます。まあ暫くは東京で。
ただその東京のグラフィックが今までの市街地と大差ないような。
なぜ東京駅周辺にしたし。広い道路とビル群だけ見ても面白くありません。
その中で移動距離の短縮にダッシュポイントを設けて
加速していくのはなかなか楽しい。エマージェンシークエストで
暴走車をダッシュキックで破壊するのは爽快です。

pso20160128_104034_011.jpg
ボスの「トレイン・ギドラン」。電車のギドラ(ヒドラ)です。
足が山手線と京浜東北線。「大宮行き」にクスッとしました。
発車メロディの後で光のレール上を突っ込んでくる攻撃で即死。

ソロで適当に遊ぶだけ。閃の軌跡ⅡもあるからPSO2には
掛かりきれません。閃の軌跡とは昨年にコラボって
リィンと女性キャラのコスチュームが出ているから
それを買おうか迷っています。アリサのは相場が高すぎるので
ラウラのコスチュームで。
Date: 2016.01.29 Category: PSO・PSU  Comments (0) Trackbacks (0)

違和感

今日は両親と長野駅とその周辺を回りました。
私は別に外出したくなかったのに運転を頼まれたから
仕方なくです。そのお陰?で「草笛」の蕎麦を食べられたし
地元民に有名な「井村屋」の店前で両親が懐かしがったり
私の派遣元の事務所を見つけたりと新たな発見もありました。
ただ一番心に残ったのは

この車は小回りが利かないな!

という感想でした。夏に買った中古車は
コンパクトカーながら最小回転半径が5.0m。
乗り換えるまで長年使っていた軽自動車が4.2mだから
その差は歴然。今までは余裕で曲がれた場所を
切り返さなければいけなくなりました。
今履いているスタッドレスタイヤがノーマルタイヤよりも
幅広だから現時点では5.0mを超えていると思います。
今日は長野駅前駐車場の出口の精算機に当たらないように切り返し、
次に信号でUターンしたくてもよほど左に振らないと無理そうだから
普通に右折してから元の道の反対車線へ。
帰りに寄ったケーズタウンでも空いていた駐車スペースが
柱の隣だったのでここでも切り返し。疲れました。
普段のバック駐車の際も最初からクライマックスな気持ちで
ハンドルを切らないと、リア部の角度が予想に反して浅くてなります。
そして切り返しを強いられるのです。

そろそろ体が覚えてくれないものか。
Date: 2016.01.23 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

ここはデフレのまま

朝、帰宅してからスマホを見るとヤフーアプリの通知が来てました。
軽井沢の碓氷バイパスで起きたバス事故の速報でした。
スマホもそこそこにテレビのニュースで確認し、
その被害の大きさに驚きました。
スピードの出しすぎか居眠りなのか。事故で運転手も亡くなっているので
現場に残された物証や生存者の証言で判断するしかありません。

今回の事故を起こしたバスは本来ならば碓氷バイパスを使わず、
上信越道で佐久ICまで行く予定でした。夜間の冬にバスで峠を越えるのが
既定路線であるはずがありません。高速代をケチった可能性があります。
もし居眠りが原因だとしたら、上信越道を通って横川SAで休息を取ったら
大惨事にはならなかったかもしれません。

高速バス、特に夜行の利用者は若者が圧倒的に多いです。
昨年、東京から長野に帰るのに夜行バスを使ったのですが
乗客の殆どが若者。年寄りだから亡くなってもいいという訳ではありませんが
これから社会人として日本を背負う世代が消えるのは
国家にとっても損失だと思います。安曇野のバス会社の事故や
数年前の関越自動車道の事故を経て高速バスやそれを使うツアーを
取り巻く環境が少しずつ変化をしてきました。
それでもやっぱり客を得る為に無茶をする図式はそのまんまです。
消費者も消費者であそこの企業は安全だとかそういう話よりも
金額を見て決めてしまいますからね。

せめてルートと休憩時間は徹底してもらいたい。
時間に遅れるのはもう仕方ない。
Date: 2016.01.15 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

今後に備えて

この冬は今のところ平年と比較して気温がやけに高くて
積雪もほぼゼロ。冬が大嫌いな私にとっては天国みたいです。
それでも気温が氷点下になれば車の窓は凍ります。
私が使う車は屋根の下に入れているので
夜明け前の出勤時に気温の影響を受けませんが、
昨日は仕事の途中で車移動する状況になり、
駐車場に出て車に乗ろうとしたらフロントガラスが凍結していました。
最近暖かいものだから雪や氷対策の道具を積んでおらず、
エアコンで中から熱で溶かすまで数分待つ羽目になりました。

冬期はフロントガラスをガリガリやるスクレーパーや
解氷スプレーを車の中に入れておかないと駄目ですね。
スクレーパーは自力でガリガリやるから
100円ショップのもので済ませれば追加のお金は掛かりませんが
フロントガラスの表面に付着した砂などと一緒にガリガリやると
ガラスを傷つける恐れがあります。となると、
消費が勿体無くても解氷スプレーで溶かした方が良さそうです。
そっちの液体で車体が腐食する話は聞かないから大丈夫でしょう。


装着中のスタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比較して幅が広いのですが
幅広だから効きが良いのかと思えば別にそうでもないらしいです。
荷重が分散することで雪を噛まないとかどうとか。
もし路面が雪で覆われるような状況ならトロトロ走るだけ。

もしバイト先で駐車場が積雪したらどうやって駐めるのか
それが気になっています。13年前、派遣やってた時(今も厳密には派遣だけど)に
小さい角スコップを積んでおいて駐車場の枠線が見える状態まで
雪かきをしたものです。他の同僚の場所までやってあげたりして。
似たようなもので何か良いアイテムがないかAmazonで検索してみると
良さそうなものが見つかりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00H2B43C6
これなら車の中に年中積んでおいても邪魔になりません。
そこいらのホームセンターに売ってませんかね。
無ければ諦めて注文するか。

(1月7日追記)
160107-01.jpg
近所のホームセンターでAmazonより安く売ってました!
でも大きさが、思っていた以上に小さくて
これは完全に屈まないと使えないようです。
いくら携帯性、収納性に優れているとはいえ
腰にかかる負担から使用頻度が凄く低くなると思って
購入を見送りました。次に行ったドンキではプラスチックの
雪ハネ系のプッシャーで柄が取り外せるタイプを売っていましたが
ジョイント部分に不安が残り、これもスルー。
折りたたみとか小さくする収納は諦めて、柄が少し短めの
ストレートタイプを買います。


(1月14日追記)
結局ストレートタイプのものを購入しました。
少し邪魔だけど使い勝手が悪かったら意味無いですから。
Date: 2016.01.06 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

一応行ってみただけ

正月休みの間に全く動かないで足が衰えるのを
少しでも防ぐために善光寺へ行ってきました。
この時期にしては珍しく気温が上がりましたが、
日陰はけっこう寒くて手袋なしだと辛いくらい。
先日降った僅かな雪も解けていませんでした。

160103-01.jpg
途中まで並んでいましたが、別に参拝をしたかった訳ではないので
離脱。山門の階段の端を無理やり下って外に出て
横からぐるっと回ってから駅前に戻りました。
そういえば大門の交差点の八十二銀行の前で共産党のママの会だとかが
「戦争法案が~」と邪魔で煩かったです。
正月の観光地の寺院でやらないでくれますかね。
もちろん駅前で演説していた若林健太も同様です。
なぜ三が日にやるかな。自重出来ないものか。

適当に駅ビルや周辺のお店を見て回り、特に欲しいものを
見つけられずに珈琲だけ飲んで帰りました。
暖かくて晴れていて雪も無い、こんな正月は初めて。
5日までこの陽気が続くらしいので最初の出勤は問題無さそうです。
Date: 2016.01.03 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

変化は求めない

もう平成という新しい年号も28年、西暦も2000から
もう16年と随分と歳をとったものです。
昨年は生まれて初めて海外旅行に行ったり、
週4とはいえ数年ぶりに働き始めたり、
他にも家族の病気の事など
心配事が増えたりと少し動きのある年でした。
私の健康状態もそんなには良くないのですが、
今を生きるのには何の支障もありません。
出来れば今年も去年の後半みたいに
ゆっくりペースをキープしたいものです。
Date: 2016.01.01 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)
FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ