前者はたまに、後者は毎回使うことになる

東京行きにかこつけて買ってしまった
タブレット関連商品が2つ。実用性はあります。

160421-01.jpg
Bluetoothマウスです。
以前ロジクールのM557(左の赤い方)を購入して
今も使っているのですが、
機能は申し分なくともデカくて携帯しづらい。
普通の3ボタンマウスが気持ち平べったいかな
程度では収納方法に限りがあります。

で、機能は最低限でいいからとにかく小さいのが欲しくなって
ELECOMのM-CC1BRシリーズ(右の青い方)を購入。
こっちは見ての通り小さいです。

160421-02.jpg
内臓バッテリー充電式で、MicroUSBケーブルを使います。
付属で短いケーブルがありますが、それだと三口の充電器と
接続しづらいので適当に長いものを使わせてもらいます。

160421-03.jpg
使う時はキャップを使って長くします。パッケージの
写真は撮りませんでしたが、最初はこの形で入っていました。
本体だけでも使えますが、小さすぎて持ちにくかったです。

160421-04.jpg
キャップにはクリップが付いています。
私の場合はリュックやカメラバッグ内のミニポケットに
留めておくのが良さそうです。

肝心のマウス性能は、大きな問題は無し。
ツルツルした机の上だと滑りすぎて思った位置に
マウスカーソルを止められないかも。
摩擦のあるマウスパッドがあった方がいいです。
無ければ無いないなりにポインタ移動速度を
下げるなりして調節すればそれほど不満は無い筈。
スクロールボタンは若干固め。
Date: 2016.04.21 Category: 携帯電話・スマートフォン  Comments (0) Trackbacks (0)

やはりWindows

年末から先月にかけてSIMフリースマホや
Androidタブレットを購入したお陰でメイン携帯の
Xperia Aを家の中で触る頻度が凄く下がりました。
まだメインは買い替えたくないので、長持ちしてくれると思ってます。
再来月で4年目に突入。頑張れXperia A。

AndroidタブレットのXperia Z3 Tablet Compactは
1920x1200の解像度に加えて3GBのメインメモリ、
CPUもsnapdragon801でスペックは現時点で中の上。
一方でWindowsタブレットのMii X 2 8は1280x720のHD画面に
CPUがatomで発売時ですら中の下か下の上でした。
ここ10年のデスクトップPCのCPUがE6600→3770で安定している
感覚だと、一昔前のPCみたいにモッサリしているのMii X 2 8の挙動は
結構イライラします。Xperiaタブレットがキビキビしているから尚更です。
「あーこれでもう使わなくなっちゃうなー」と思っていましたが
遠征時にブログ更新するのとニコ動アニメの鑑賞する為には
Windowsマシンは外せません。逆にそこだけ何とかなっていたら
Xperiaタブレットだけ持っていけば済んでいることでしょう。
以前Androidのニコ動公式アプリでスマホからじゃ見られないのに
タイムシフト権限だけ使って24時間が経過、自宅に戻っても
既に視聴期限が切れていてPCでも見られなくなった事がありました。
あれは何とかして欲しいです。

来月頭に予約を入れたビジネスホテルでは無線LANが
使えるとのことで、速度が極端に遅くなければ
Miix 2 8でニコニコ動画も見られそうです。個人的には有線のみの方が
使用者が限られて安定するから携帯型の有線→無線ルーターを
以前買った身としては嬉しいです。

問題はゆっくりネットする時間があるかどうかです。
Date: 2016.04.14 Category: PC全般  Comments (0) Trackbacks (0)

桜の時期に行くのは初めて

花見?は松本城に決めて昨日行ってきました。
往復と飲食でも3千円はいかないので安く済みます。
風邪の治りが悪いので当日の体調次第では行くのを
見送ることにしていましたが、朝に帰宅した時点で体力に
それなりに余裕がありました。準備はしておいたので
朝食と短い休息と着替えが済んだら電車でGO!
タブレットを弄っていたらあっという間に着きました。
まっすぐ松本城へ。

160406-01.jpg
途中、女鳥羽川沿いの桜が目に入って撮影。
歩道を歩いていると頭の上にも花が広がっていて綺麗でした。

160406-02.jpg
桜と一緒に撮影。天守と桜の木が結構離れている上に
間に松や柳などの別の木が入ってしまい、
桜とお城だけ、という理想的なフレーミングは難しいです。
ここで縦位置撮影もしておくべきでした。
160406-02a.jpg
こっちは枝が寂しい。

160406-06.jpg
西側は一番咲いている箇所。シートを広げて
食事しながらのんびりしているグループがそこそこ居ました。

160406-03.jpg
お城の敷地を出て北側と東側の歩道は桜ロード。

160406-03a.jpg
外堀に桜が枝垂れがかっているのもグッドでした。

160406-04.jpg
お城に戻ってきて、天守をバックに桜を望遠レンズで撮影。
レンズ交換が面倒くさくてあまり使いませんでした。

160406-05.jpg
全くと言っていいほど使わなかったのが超広角。
桜が歪むと絵的に綺麗じゃないと思ったら自然とためらわれました。
結局お城を日の丸構図で撮影しただけです。

その後、一旦駅前に戻って休憩しながら夕方を待ちます。
Date: 2016.04.07 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

いい所でいい写真を撮りたいけれど

今年は暖冬に加えて春の到来も平年より早く、
長野市でもあちこちで桜が咲き始めました。
以前だったら新潟の上越市高田公園まで車で行って
日中とライトアップそれぞれの桜を撮っていましたが、
風邪でここ最近調子が良くないので、日曜に電車で 松本へ行って
松本城のライトアップで妥協する可能性が 割と高いです。
善光寺裏の城山公園や 雲上殿みたいな近場で済ませれば
交通費は殆ど掛かりません。 単純に「近所だとつまらない」だけです。
都会と違ってソメイヨシノが沢山植えられている場所は 限られているので
観桜の選択肢が少なくて悲しいです。

一眼レフを新調する件で。 Xperia Tabletを衝動的に購入して貯金が少し減ったものの
カメラを新しく買うお金の都合がつきました。何を買うかはまだ決まっていません。
背伸びして フルサイズにするか分相応にAPS-C機で頑張るか。
20160403145721838.jpg
今日撮らせてくれた外国人観光客の人も
EOS Kissを使ってました。
あんまり贅沢言うもんじゃないよね、と思っていると
山門近くでは中年男性が5D MarkⅢを構えていました。
やっぱりフルサイズがいいよね、と思いました(おい)
Date: 2016.04.03 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

やり直し

Android版ロマサガ2を適当に進めています。
Xperia Z3 Tablet CompactとDUALSHOCK3の接続はスムーズでした。
○✕△□ボタンの割当がXperia Aとは時計回りに1個ズレていて
○…決定
✕…キャンセル、メニュー
□…ダッシュ
△…ワールド、戦闘時選択中のHP表示
これでSFCと同じ配置になりました。
他のボタンはXperia Aと接続した時と全く一緒で、名前の決定や店から出る際に
画面の「決定」や「出る」などをタッチしなければいけない仕様は変わりません。
今後のアップデートでコントローラーが正式に対応してくれる僅かな望みに賭けます。


8インチの画面はテレビやモニターに出力する必要性を感じない大きさです。

ゲームは一つの拠点を攻略する前に他の場所へ行きすぎて
年代ジャンプ後に攻略不可能になってしまい「強くてニューゲーム」で
やり直しました。セーブデータから引き継がれる資金や技道場に登録されている技が
ろくにないデータなだけあって術技レベル以外のアドバンテージがそれほどありません。
それでも、序盤のレオン→ジェラール時代の現時点でのプレイでは
体術以外の技レベルが18~20くらいあって術が天と火と風だけ15超え、
持っている剣がスプラッシャー、大剣にツヴァイハンダーがあるおかげで
思った以上に楽しています。ミミックもクジンシーもゼラチナスマターも
二段斬りと強撃で殺せます。雑魚戦にしてもライトボールと
通常攻撃で簡単に殲滅出来るから敵シンボルに片っ端からぶつかって
ボタン押しっぱなしで戦闘を進めれば、引き継がないHPもどんどん上げられます。
作業が苦になりません。

ここまでやってきて操作以外の大きな不満はありません。
携帯アプリ版のほぼベタ移植をしてしまったことが原因の
変なSEは来月のアップデートで直されることが公式で告知されているので
問題ありません。出来ればボタン操作でのソフトリセットが欲しいです。
タッチ操作前提だと誤タッチがあるから搭載は無理でしょうかね。

Date: 2016.04.03 Category: ドラクエ・FF・ロマサガ・聖剣  Comments (0) Trackbacks (0)
FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ