本体のお陰でレンズも活きる

EF50mmF1.8STMの試し撮り。

160930-01.jpg
駅ビルのアルクマ。記念撮影の相手が居ないのでこれ単体です。
それは置いといてF値4.0でこんなにカッチリ写るとは。

160930-02.jpg
お昼近くに南向きで撮影。EOS kissなら仁王門の屋根瓦が白飛びしているような
条件下において瓦が確認出来て尚且つその下の暗い部分も
しっかり描写されています。これでもフルサイズ機としては
ダイナミックレンジが広くないなんて非情に贅沢な話です。
EF50mmF1.8STMのAFは遅めです。古いUSMレンズの方が遥かに速い。
それでもスナップ撮りとしては有能すぎ。

Date: 2016.09.30 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

試し撮り

一昨日まではEOS 5D MarkⅢに装着出来るレンズが70-300の望遠レンズ
(純正L、TAMRON A005、A17)
しかありませんでした。それでも外でとりあえず撮ってみようと思って
EOS kiss X3+標準ズームも持って出掛けてみました。
広角端が70mmというのはAPS-Cだと望遠寄りですが、
フルサイズ機だとそれほどでもありません。
APS-C機に装着したEF50mm F1.8よりも広角で
EF40mm F2.8 STMよりやや望遠寄り程度。
フルサイズ機のにファインダー視野率100%の70mmは
ちょっと引いて撮れば風景だって撮れます。
問題は大きくて重くなることくらい。

160927-01.jpg
善光寺にて。
Exifデータを残してあります。焦点距離156mmでF7.1。
広角で撮るより遠くから望遠で撮る方が、
仲見世の看板が詰まるので雰囲気が出ます。
160927-02.jpg
ドローン禁止の看板に続いてポケモンGoまで。

160928-01.jpg
ズームレンズが手に入るまで一ヶ月以上あるので
散財でEF50mm F1.8 STMを買ってしまいました。

160928-02.jpg
フードだけ買いました。フィルターは買ってません。

160928-03.jpg
5D MarkⅢに装着。フードが大きいけど使わない時は
他のフード同様逆向きに装着出来るのでコンパクト。

STMといってもズームレンズと違って薄いレンズはみんなギアタイプで
AFはあまり速くないし音もそこそこします。写りはLレンズには及びません。
さらに前のⅡと比較してけっこう高い。ただその分だけ細かい部分が
パワーアップしてるから中古のⅡを買う気は全くありませんでした。
 ・マウント接合部分がプラスチックから金属になって耐久度アップ
 ・絞り羽根が5枚から7枚になってボケが六角形から円形になった
 ・最短撮影距離が45cmから35cmになって近くで撮れるように
 ・アダプターリング無しでフード装着可能に


160928-04.jpg
開放から十分使えます。今は生憎の空模様が続いていますが、
天気が良くなったら積極的に使っていきたいです。
Date: 2016.09.29 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

概ね満足

一週間前になりますが、バンブーさんから
EOS 5D Mark Ⅲが送られてきました。

160919.jpg
左がその5D MarkⅢ、右はEOS Kiss Fです。
これはKiss X3で撮影しました。そっちと比較した方が良かったか。
Kissと比べて大きい、グリップ側に上面液晶、
ダイヤル位置が左手側にという中級機らしい出で立ちです。
ここにバッテリーグリップを装着すると更に大きく重たくなります。

手元にあるレンズは望遠レンズを除いてAPS-Cマウント専用なので
バンブーさんから標準レンズが送られてくる来月末までは
望遠レンズだけで我慢です。望遠レンズを使いやすい場所は動物園。
という訳で行ってきました。両親も一緒でしたが(笑)


160925-01.jpg
以前はモノレール乗りたさに恐竜公園経由で北口から入りましたが、
今回は表口である南口から。入り口からすぐ階段を降りて左の檻に
ライオンがいて、メスはかろうじて起きていました。
5D MarkⅢは測距点が61点ありますが、
Kissの9点AFの使い方を流用する形でゾーンAFで撮影しました。
今までだと測距点に選んだ1点だけに集中していた場面でも、
その周囲8点を入れた9点が「ゾーン」としてピントを合わせてくれるので
失敗が少なくなりました。

160925-02.jpg
ジェフロイクモザル。フルサイズセンサーは
同じ絞り値でもAPS-Cよりボケます。
背景に余計なものが写りにくく、被写体を強調しやすくなります。

160925-03.jpg
キリン。フルサイズ機ならシャッタースピードを上げても
ISO感度をガンガン上げてくれるだろうと思って
シャッタースピード優先にしたのにISO100のままで
暗い写真になりました。ISOを固定にしちゃったかと思って
確認してみてもオートになっている謎。DPPで明るくしました。




Date: 2016.09.25 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

下準備その2

CFカードが使えるUSB3.0規格のカードリーダーと
SDHCカード16GBを注文しました。後者は東芝「FlashAIR」。
今まで東京を中心とした観光地で外国人観光客相手に写真を撮らせてもらった際、
たまにその写真を求められる事がありました。
しかし一眼レフカメラで撮影したデータはすぐに取り出せず、
その場では何とかメールアドレスを交換する事だけをして
後日長野に戻ってからメールで添付するという古臭い手法を用いていました。
先月は外国人だけじゃなくて普通に日本人が連れている
ペットの写真もそうでした。その解決策になる?

ちょっと逸れますが私のカメラ画像の保存形式について。
EOS Kissを使い始めて少し経ったらRAWデータでしか
保存しなくなりました。暗い画像を明るくする際、JPEGだと
同じ写真の中の明るい部分が白飛びしやすくなるからです。
EOS Kissの激狭ダイナミックレンジであっても素のデータである
RAWなら幾分かはマシに描写されています。
過去の写真は基本的にPC内でしか閲覧しないので
RAWだけでも別段困りません。旅先でタブレット等に転送しやすいように
JPEG同時保存という手もありましたが容量を食って
撮影枚数が減るのでやっていません。

ただ今後はメインのカメラが5D MarkⅢに変わって、
RAWデータは64GBのCFカードに保存、JPEGも16GBの
SDカードに保存。JPEGサイズはMとかSにすれば沢山保存出来ます。
来年以降に「その写真もらえますか」みたいな機会が訪れるかどうか、
私の体や懐具合がイマイチなので予測もつきませんが
そうなった時に上手く送る事が出来ると双方にとって良い話になると思います。
仮にそうならなくても旅先の写真をSNSにも投稿する回数が増えるかもしれません。
スマホ単体ではデータ送信の手軽さはこれ以上のものはありません。
しかしイマイチ撮り辛い。シャッターボタンで手ブレしてしまうし
ボタン押してからのピント合わせはタイムラグでイライラ。

「一眼レフで撮影する」
     ↓
「スマホに転送」
     ↓
「Instagramにアップ」
     ↓
「そこにアクセスしてもらう」

ただこれ実際上手く行くんですかね。

Date: 2016.09.09 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

下準備その1

バンブーさんから
「今後EOS 5D MarkⅣが出たら今使っている5D MarkⅢを譲ろうか?」
という話を持ちかけられたのが1年近く前。
本当に少しずつではありますが、買い取り用の資金を貯めておいたので
バンブーさんに一気に支払っても大丈夫(笑)
5D MarkⅣの本体は本日が発売日。最新機種は
実際に使うとどんな性能なんでしょうかね~。

それに先駆けてカメラ以外の準備をしています。
バッテリーは4年半使い続けて消耗しているとのことなので
こちらで購入、記録メディアは新たにCFカードを購入しました。

160908.jpg
バッテリーは高くても純正品。本体がバッテリーのシリアル番号まで認識し、
互換バッテリーの場合はモニターに警告まで出るそうなので、
最初は純正で。保険用に互換品を今後買う可能性も否定しきれませんが。
CFカードはSanDiskのそこそこの速度。5D MarkⅢはSDカードとCFカードの
デュアルスロットを採用していてJPEGは前者、RAWは後者みたいに
保存先を分ける事が出来ます。あと、CFカード用のリーダーも買う必要があります。
PCとカメラ本体をUSB接続して写真を取り込む事も可能は可能ですが
その転送規格はUSB2.0らしくてあまり現実的ではありません。

CFカード対応のカードリーダーと追加のSDカードは必須ですから
それらも早い内に買い揃えておくことにします。
Date: 2016.09.08 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)
FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ