起用ミス

93試合目

横浜1-5東京ヤクルト(負け:高崎)

高崎がここのところピリッとしません。
長野の時みたいに最初から駄目だったのではなくて
途中まで良くて崩れたパターンでした。
今日は細山田が捕手を務めていてサイン交換の
兼ね合いは結果として良くなかったという部分はあるでしょう。
一流投手というのは一番良い時に比べて球速が遅いとか
変化球にキレがない時でも球種やコース、タイミングずらしなど
相手打者の裏をかいて結果を出すもの。
今日は二巡目に一気に崩れた所を見ると
ヤクルト側に完全に見切られてしまった可能性が高いです。
それが今後の課題。スライダーが曲がっても一辺倒では打たれるだけ。

牛田は敗戦処理に回すのではなくて下に落として
ストレートとフォークが去年のようになるまで
調整するべきだと思います。
このままじゃ牛くんが壊れるだけで本人の為になりません。

内野手の起用をもっと流動的に・・・ってのはもういいか。
こればっかりは実現しないから。

COMMENT 0