水は怖い

浜松市の天竜川で起きた川下り船の転覆事故。
現時点で死者2名の大惨事となってしまいました。
長野県でも飯田市の天竜峡という所で川下りを行っています。
一昨年、家族の日帰り旅行で最後に天竜峡に行って
川下りには参加しませんでしたがその人達を見てました。
乗船客は上から見ている人に手を振ったりして
中々優雅な時間を過ごしていましたが、
天竜峡だって操縦ミスがあればひっくり返って
同じ事が起きるかもしれません。
一応、ライフジャケットは着用するようになっていますが、
http://park6.wakwak.com/~tenryuurain/anzen.htm

画像検索の結果を見ると、今回の浜松市の事故みたいに
長野県の天竜峡でも着用を完全に義務付けている訳では
無さそうです。自分はちょっと泳げる程度でしかないので
自然の水には恐怖を覚えます。ましてや服を着ているから
自分が乗船客だったとして、どうやって生還出来るものか。

泳ぐ格好をしているプールでの事故も毎年起きています。
小さい子の場合が多いですが、大人死ぬ可能性があります。
近所のプールは監視員が2、3人で監視してくれているので
私に異常があってもすぐに気づいてもらえます。
泳ぐ場所に排水口も吸水口もありません。これくらいの条件で
ようやく安心して水に近づける感じです。普段着だったら
プールサイドから水側に寄りたくありません。

川は個人的にはどんな格好をしていても無理です。
温度、深さ、流れ、全てがイレギュラーなので
温めだと思っていて急激に冷たくなって身体の機能が損なわれたり、
急に流れが速くなって自力で対応できなくなるかもしれないと思うと、
とても近づく気になりません。

結局何が言いたいのかというと、タイトル通りに
水が怖い、ただそれだけです。

COMMENT 0