写真に始まり写真に終わる

今日は完全な晴れとはいきませんでしたが、
朝のザーザー降りから太陽が出てきたのは
昨日に無かった展開でした。
月曜みたいに急に思い立って即実行。

110826-01.jpg
長野市茶臼山動物園に行って来ました。
祖母がまだ自身の足で歩いていた頃に一度連れてきたのが最後。
だから02年か03年以来ということになります。
私は歳取って体が衰えた以外は何も変わってませんが、
それを取り巻く環境は祖母も含めて大きく変化しています。

入園料を500円払って中に入ります。
110826-02.jpg
写真の順番が前後しますが案内図を。
500円の割に~なんて言っても維持費を考えたら
当然です。ここが来援客で溢れかえるような所だったら
別ですが、前に来た時と何にも変わっていませんでした。

110826-03.jpg
須坂市動物園も、小諸懐古園の動物園も、フラミンゴはどこにでも居ます。
でもこれは「赤っ!」って声が出るくらい赤かったです。
赤フラミンゴってそのまんま。

110826-04.jpg
オスのライオンはどこへ行っても寝てばかり。
いや、懐古園のはずっとウロウロしてたか。
それにしても男前ですね。



110826-05.jpg
キリンはデカイ!この食べている様子を
ほぼ真下から見る事が出来ます。
残念ながら小雨で、見上げるアングルだと
変な逆光になってしまいました。
RAWデータを弄ればそれなりに加工出来ますが、
こっちから取ると網も無くて2頭収まっていい感じでした。

110826-06.jpg
象は横に大きかった。建物の中に居たのが
丁度出てきてくれて、そこを何枚か撮影したら
また建物の中に戻って行きました。撮らせてくれたの?

110826-07.jpg
タヌキ、キツネ、ハクビシン、アライグマのゾーンも
そのまんまでした。ここにはカメラ目線をくれたアライグマを載せます。
他の動物にも言えることですが、目を合わせても威嚇一つしないのは
壁を越えられないと知っているからなんでしょうかね。
サル系は檻の近くに行って唾とか糞尿を飛ばす可能性があるから
今回はあまり近づきませんでした。オランウータンなんて
スタンド使いだったらどうするんだ(笑)

110826-08.jpg
レッサーパンダは前に行った時に小さいのが
外に出ていて可愛かった記憶がありますが、いつの間にやら
彼ら用の家が建てられていました。
中は木造の今は冷房が効いた閉じられた部屋。

110826-09.jpg
家の中は四隅が木で組まれた柵で仕切られていて、
そこに足場が用意されていました。見物客は
十字部分が鑑賞エリア。そこから
「触らない」「子供を肩車で近づかせない」「驚かせない」
などの注意書きを守って遠くから撮影することにしました。
望遠で、フラッシュも焚けないからA005のVC機構が活躍しました。
110826-10.jpg
顔にピントを合わせたかった。

110826-11.jpg
一匹だけは猫みたいに前足ペロペロと
お手入れしてました。他2匹はクター。
見えなくなったな、と思って出口のドアの上を見たら
透明なガラスの向こうにやっぱりクター。寝てばかり(笑)

110826-12.jpg
実はリクガメが一番癒されました。
トータース!トータース!


駐車場には県外ナンバーも停まっていたし、
今後も繁盛していくことを願います。

COMMENT 0