敵の戦力を甘く見るな

武田邦彦教授がテレビで「東北の作物は汚染されているから
捨てた方が良い」発言に関して一関市の市長が撤回を求めた件について。

私は件の番組の「たかじんのそこまで言って委員会」を
見忘れてしまいました。そんなに面白かったなら見ておけば良かった。
批判の意見を見てみると、武田先生が「東北」と一括りにしたのが
一番まずかったみたいです。あとは物の言い方。
確かに、放射線の汚染度合いはその場所その場所で違うし、
出荷しても問題ない作物も中にはあるでしょう。
しかし、どこかのtwitterで告発されているように、
作物も家畜も全然検査が行き届いていない状態で出荷されているのが
現実です。横浜市みたいにセシウムが基準値を上回っている牛肉を
給食に出してしまったように、「調べました」というのが
嘘っぱちだとよくわかります。そして出荷された農作物、畜産物は
「◯◯県産」としか書かれていないから消費者はわかりません。
これが武田先生の「言い訳」に繋がります。
武田先生が世間からトンデモ教授扱いされていようが
何を言われようが、武田先生は「安全が確認出来ないものは口にしない」
というのを一貫して主張しているから私はそれを支持しています。
原発事故が起きて放射性物質がばら蒔かれて、急に基準値を嵩上げしたり
検査を誤魔化したりして国民を欺いたところで、
体の放射線に対する抵抗値が上がるわけではありません。
四の五の言わずに全品検査する方向で動いて下さい。
長野だってどれくらい被曝しているのやら。



国は今回の事故を最初から過小評価というか
大した事の無いように偽装していました。
地震が起きた数時間後にメルトダウン→スルーが発生したことを
ずっと黙っていたし、それに先駆けてSPEEDIの情報を
公表しなかった件を保安院から政府に行かなかったことにしました。
その所為で余計に被曝した人たちが沢山居ました。
それでもテレビでは原発事故レベルを4だの5だのと言っていて、
時間が経過してやっとレベル7にしたと思ったら
それでもチェルノブイリに比べたら大したこと無いと吹聴して、
子供たちには文科省が嘘のお墨付きのプリントを学校に配らせ、
妊婦にもしょうもない手帳を渡しました。
結果、福島の子供の多くは甲状腺にヨウ素が溜まり、
お母さんの母乳からも放射性物質が検出されるようになりました。

COMMENT 0