欲が出る


外出中、トンボが止まっているのを撮ってみました。

110918-01.jpg
これはこれで絵になるような気もしますが、
小さいのでここから寄ってみました。

110918-02.jpg
これはアキアカネなのか知りませんが普通の大きさのトンボで、
どちらの写真も最大望遠(300mm)で撮影したものです。
そんな望遠でも画面内にこの大きさが精一杯です。
フルサイズの一眼レフだったらもっと広く映るので
(この使用レンズはAPS-C専用だからフルサイズ機には使えませんが)
トンボの絵は画面全体に対して更に小さくなるころでしょう。
これ以上寄るとトンボが逃げなくても
最短撮影距離より近づいてしまい、ピントそのものが合いません。
下の写真はもう近づいている状態。手前のボケた部分はピントリングを
どんなに回しても決してピントが来ません。やっぱりマクロレンズも
欲しいです。今はお金が無いので遠い話。
CANON純正の60mmマクロは対象物に相当近づかないといけないみたいなので、
ある程度距離を取って撮影できるレンズの方が自分にとって良さそうです。
でもTAMRONの90mmってのは面白くないとも思ってみたり。

COMMENT 0