全体的に下手

118試合目

横浜1-4中日(負け:小林寛)

10年も前に一番手の捕手が出ていき、その8年後にやはり一番手の捕手が出ていき、
それぞれ移籍先で一番手の捕手として今も活躍しています。昨日は10年前に出ていった
捕手が、今日は8年後に出ていった捕手が古巣相手にホームランを打ってくれました。
数日前まではHR数がゼロとか2本だったくせに!

谷繁、相川、いい選手じゃないか(涙)

そんな泣き言は置いといて、先発の小林寛は大島に貰った一発は仕方ない、
谷繁への一発は不用意な投球でした。でも石川がエラーしてなければ仮に
1発貰ったとしても1点で済んだのに。野手に足を引っ張られる形で
敗戦投手となってしまいました。

荒波や筒香の横浜高校戦士の一軍慣れは喜ばしいのですが、
石川下園のバントゲッツーやヒッティングゲッツーは最悪でした。
全部上手く行く訳はないにしても全部失敗することはないだろうに。
石川は犠打数は割と多めだったので版と対策、
下園はホームラン打った試合でバント下手を完全に印象づけてしまったので
打ちに来るだろうと一塁線への引っ張り対策。
横浜の首脳陣が走者を先に進めようとしても他のチームの作戦がそれを上回り、
結局呪われているとかそういう類のレベルではなく、傾向と対策で
確率論的に導きだされた結果に過ぎない感じでした。
バッテリーだけじゃなくて攻撃側の駆け引きって必要ですね。

COMMENT 0