内容で負けて試合に勝った

120試合目

横浜1-0広島(勝ち;小林太、S:山口)

全く期待していなかったコバフトが、多少の四死球を
出しつつも広島打線を6回まで封じていました。
打線はバリントンに2回以外は完全に抑えられ、
その2回の村田、筒香の連続2ベースが唯一の安打、得点でした。
大原、藤江、篠原と繋いで最後は山口劇場のなりかけでシャットアウト。
最近の中では珍しい1-0。広島の4連戦はこれで負け越し無しです。
しかしあと2試合を1勝1敗で迎えられてようやく対広島7勝14敗。
ヤクルトと広島に負けすぎです。

今日の広島最後の打者、石井琢朗のブログのタイトルが(笑)
http://takuro.aspota.jp/2011/09/post_1170.html
単に落ち込んでいるという表現じゃなくて、狙ってるんだよね?

COMMENT 0