指導者は背中で語れ

今日は久しぶりに国会中継を見てました。
午後の部で石原伸晃が喋り始めたところで
TVのアプリケーションを閉じて、
16時25分の稲田議員の時間まで
適当に過ごすことにしていました。
それでも気になって結局田村議員の途中から
再び見始めましたが民主党の答弁が相変わらず酷い!
関係各省庁に任せっきりにするとか、検討するばっかりで
何が政治主導か。東電の仮払い手続きの分厚い書類も
政府が絡んでいる筈なのに出来上がって配られて実際に
一般人が書いて提出している最中まで中身を全く見ていない。
吉野正芳議員の質問に対して枝野がどれだけ言葉巧みに
言い訳しようとも、事実は変わりません。
書類の複雑さに「弁護士の私でも無理」なんて
マスゴミを利用して情報弱者の支持を得ようとしたところまでは
良かったけど、国会中継を見ている人には
「自作自演だったのか」と思われただけでした。

いつの日も、民主党は表向きは自分の手を汚しません。
中国人船長釈放の件は那覇地検、朝鮮学校無償化手続き審査再開は
文部科学省。必ず現場に責任を負わせるような動きをします。
浜岡原発停止に関しては中部電力。その割には
好評価されそうな場においては政府止めたと吹いて回り、
手柄だけはくすねようとしていました。
一方で停止による損失の補填を中電が申し入れれば拒否。
有罪判決が出た小沢の秘書問題も、「秘書と企業が勝手にやった」
政権交代までは秘書が捕まった時点で議員辞職する流れだったのに。

失政の責任を下の人間に受けさせて、賞賛だけは自分のものに
するような連中についていく人間がどれほど居るのでしょうか?
そして国民はそんな人間を代表として支持するのでしょうか?
野田個人に関しては官僚や経団連が御しやすいと思っているからなのか
ある程度歓迎されているようですが・・・。
何もしないんだったら常識で考えたら首相になった意味はありません。
私の考えとしては置物の方が北朝鮮スパイの菅よりは
売国法案に関して野党が追及しやすいから幾分かマシだと思っています。
期待なんぞしておりません。

COMMENT 0