パは終戦ムードだけどセは荒れている

127試合目

横浜10-3東京ヤクルト(勝ち:大原)
 HR:筒香6号(ソロ)


やはり下園は3番よりは1番でプレッシャー低く
四球を狙ってオーケーなスタイルの方が結果を出しやすそうです。
打線は筒香のソロホームラン以外は当たってませんでしたが、
ヤクルト先発の赤川が四球連発で自滅して2点追加。
横浜先発の小林寛も6回に捕まって連打を浴びてマウンドを降り、
次の江尻が(何で出したんだ)ランナーを返してしまって
3-3の同点にされました。しかしヤクルトは山本哲哉が誤算で
横浜が3点を勝ち越し、その後の後続も日高、松井、昨日の一場と
2軍レベルの投手ばかりで久々の二桁得点でした。

横浜のリリーフは江尻が広げたピンチを新人の大原が抑え、
次は篠原が抑え。それぞれ新人登板数と連続無失点試合数がかかっています。
記録はどうでもいいので危ない時だけ抑えてくれればいいです。
最後は回またぎのブランドンが非常に危なっかしく無失点。
今回の対戦でやっとヤクルトに勝ち越しできました。


ソフトバンクホークスは優勝が決まって
内川も多村も喜んでました。借金30以上のチームから
貯金30以上のチームに移籍した内川は勝ち組?
ウッチーは自身の活躍がチームの勝利に大きく影響しているから
単に移籍しただけではないので素直に評価すべきでしょう。
でも何か変な事を言ってくれるのではないかとも
少し期待したりして(笑)

COMMENT 0