まさかの一振り

128試合目

横浜4-1巨人(勝ち:国吉、S:山口)
 HR:藤田1号(3ラン)


国吉が先発。過去の登板も、5、6回投げて1~3失点なので
横浜の育成2年目としては十分すぎるピッチング成績でした。
今日は危ない場面を何とか切り抜けて7回1失点。それも
いい当たりをされたのは長野くらいで自身の牽制ミスが原因なので
自責点ゼロの数字マジック。

打線は序盤に西村を攻略出来ました。
村田、内藤がヒットを打って藤田。
得点圏打率はまだそんなに低くないけど
サヨナラ勝ちの凡打とか割と失敗しているイメージが強いので
期待してなかったのに打った!
今季初ホームラン。きっちり当てて振り抜いていても
東京ドームの右中間スタンドギリギリなのは藤田らしい(笑)
国吉の1失点だけだったのでこれが決勝打となりました。
初勝利おめでとう。ヒーローインタビューも良かった。
「親」と言ってすぐに「両親」と言い換えていた所に
人前で喋る意識をしっかり持っているなと感じました。

藤江は気合で抑えたのはいいとして山口が本当に辛い。
阿部をフライに仕留めたらラミレスにはヒットを打たれて
次の高橋に四球。いつものパターンです。
フィールズが見逃し三振しなかったら追いつかれていたかもしれません。
8月9日の長野オリンピックスタジアムでのスコアを
確認すると、2アウトから小笠原に四球出してラミレスにヒットを打たれて
高橋にデッドボール。そして暴投に繋がりました。
先月28日の試合でも2点を献上、29日のセーブは下位打線。
来年に球団が存続していると仮定して、抑えは他の投手、
例えば藤江に代えるべきだと思います。

文句はここまでにして、今夜はこれを飾っておくことにします。
111004-01.jpg

COMMENT 0