あまり恩恵は無い

ここ最近はPCやその周辺の部分補強を考えてばかりでした。
今はお金が無いし、あっても別の事に使うかしているだろうから
PCそのもののパワーアップはまだ先です。
妄想としては現時点で定番中の定番であるcore i7の2600k、
セット売りのマザーボード、メモリ、DSP版のWindows7を買う。
ここにCPUクーラーとブルーレイドライブを追加しても
10万円でお釣りが来ます。今買える人が羨ましい。
短い妄想は終わり、現実的な話に戻ります。

まずは先日から再三書いている無線ルーターの買い替え。
繋がらなくなる不具合が発生してから何度か設定し直すと
繋がってまた切れる、ルーターの電源を入れ直すをまた繋がるけど
直に切れる、最終的にAOSSの設定を削除してから自動設定で繋いだら
安定、そんな経過です。これが数日持てば本当に安定していて
買い替えの選択肢が無くなります。もしまた同じ事の繰り返しなら
バッファローの安いやつに買い換えます。

次にサウンドカード。これも以前に書いた記憶があります。
PCの配置をいじったのと新しく買ったイヤホンが思いの外
音を拾うのでノイズが気になってしまいました。
サウンドカードは千円クラスのもの以外なら
大丈夫らしいのですが、マザーボードに余裕がありません。
TVキャプチャーボードを外してそこに増設するのが
一番現実的かもしれません。テレビは殆ど見ないし、
以前やっていたTVゲームのプレイを録画するのも
今後やるとは思えないので、少し考えておきます。


とりあえず、物理スペースも金銭的にも簡単だった
メモリ増設をやってみようと思って2GBのメモリを注文しました。
XPは最近のOSであるVISTAや7と比べてメモリをそれほど
消費しません。だからといって2GBだけでイケるかといえば
流石にソフトに左右されます。32bitマシンの限界である
4GBまでメモリがあれば当面の作業には困らないかと。
ただVGAカードのメモリも含めて4GBらしいから
VRAMが1GBある私の環境だと、注文したメモリが
晴れて認識されたところでOS上では3GBにしかならないと思われます。
VRAMに容量を割かれなくても3.5GB?
DDR2メモリなんて物凄く安いので1GBでも2GBでも
認識さえしてくれればOKです。早く届かないかな。

COMMENT 0