ハリガネムシに寄生されたカマキリのごとく

普段の生活の中で、在日特権というものを
リアルに感じる事は、多くの人は無いかと思います。
メディアや政治・行政が朝鮮半島本国人及び在日朝鮮人を
よく見せようとしたり優遇する政策をしている事を
インターネットで情報共有出来ているお陰で
その特権を間接的に感じる事はできても、
やっぱり何となく
「まあ日本人の方が数が多いしどうにかなるって」
と思って折角の情報が豆知識レベルで終わってしまう人も
多いと思いのが心配です。国会での質問や評論家の喋りよりも
もっと身近な行政レベルでのお話なら多少は分かりやすい?



結論:神戸市役所は既に朝鮮人に篭絡されています。
しかしこれは氷山の一角。日本を乗っ取る組織に日本の行政が言いなりになって
「配慮」することや、正当な理由無しに税金を湯水のように使う事は決して許されません。
もし日本にスパイ防止法があったら神戸市の職員はとっくに捕まっています。

COMMENT 0