頭は不安定だがその中身は安定していた

誕生日を過ぎたあたりから
頭のフラつきと頭痛、それに伴う吐き気や寒気が
続いています。若しその原因が脳にあったとしたら
大事なので意を決して脳神経外科に行きました。
母がついてくると言うので連れて行きました。

病院の総合受付で診察券と保険証を渡して
書類を作ってもらい、脳神経外科でそれを渡し、
初診ということでアンケート形式の紙に症状を記し、
暫く待っていました。最初に血圧だけ計測して
再び待っていると看護師に
「差支え無ければ医師の判断でCTスキャンをさせて下さい」
と言われて、他の患者も同様でレントゲン室に行って
流れ作業的にCTスキャンをやってもらいました。
CTスキャンは生まれて初めてだったので
少し楽しみでした。台に寝かされてグレーの
ベルトで頭部や腹部を軽く固定されたら
機械の中に台がスライドしていって撮影。
思っていたよりも早く終わりました。
また脳神経外科の所で待っていると割と早い順番で
呼ばれて医師の診察を受けました。

twitterやmixiで既につぶやかれている通り、
脳には腫瘍や出血は見られず、ただの目眩にされました。
一応、「物が二重に見えたりしませんか」
「首や肩がこっていませんか」と訊かれたり、
頭を軽く抑えられて正面を向いた状態から
視界の端の医師の指の本数を確認する事だけはされました。
血流を良くする薬を処方され、
「これで様子を見て治らなかったら耳鼻科に掛かって下さい」
で終わり。アッサリしたものでした。

今もフラフラしていますが、今朝起きた時に
昨日までのような「寝不足時の頭がクラっとした感じ」
が感じられず、幾分かスッキリしていたので
このままゆっくりと治っていってくれる事を願います。
薬を飲みつつ、外を歩いたり入浴時間を長めに取ったりして
血行を良くする行動を心がけます。

COMMENT 0