多くを望んではいけない

特に行き先を考えずに歩いていたら
南長野運動公園に近づいていたので
そのまま行きました。

111215-01.jpg
風が強くて頭痛の再発を恐れながらだったので
歩いて通り過ぎるつもりでしたが、
丁度鴨が居たのでPowerShot SX130 ISの
使用テストを試みました。
撮ろうとしてポーチから取り出し、構えたところで
鴨が去っていきました。

111215-02.jpg
去った先には池があり、逆光が反射して眩しいです。
これを動画モードで撮影してみました。

デジタルズームを「切」に設定しても
動画モードには適用されないみたいで、
幾らかデジタルズームになっているかもしれません。
撮影環境やデジタルズーム部分を差し引いても
SX130ISで動画を撮るのは避けた方が良さそうです。


111215-03.jpg
噴水の近くにLED点灯アーチが設置されていました。

111215-04.jpg
反対側から

111215-05.jpg
先月下旬からLED点灯は始まっていたのですか。
全然知りませんでした。

111215-06.jpg
LED一つ取っても面倒なものですね。
こうやって撮影している間も、遠目に
警備員がグルグル巡回しているのが見えました。

111215-07.jpg
おまけ、少し離れた場所にある花壇から。
キャベツ?ちょっと前はここにパンジーが咲いていたような・・・
11月の2週目から先週までは殆ど家に居たから
時の流れに取り残されているような感じがしました。


PowerShotSX130ISを外で使ってみた感想として、
良くも悪くもコンデジなんだと思いました。
絞り優先モードを使っても被写界深度に差を感じません。
マクロモードで近接にしないとボケ風味の写真は得られず、
明るいか、暗いか、それだけ。それならば
シャッタースピード優先モードにして、手ブレを起こさない程度に
遅くしたり、被写体ブレが起きない速さに設定した方が
良い結果を得られそうです。ISOは低感度で頑張らずに
オート設定で十分。DIGIC4エンジンと最大感度が1600なら
良い仕事をしてくれます。
AFは基本的に中央撮りだと割り切って
使うしか無いのか、もっと良い方法があるのか調べてみます。
サイバーショットT-100と比べて
レリーズタイムラグがあるとか連写が出来ないとか
液晶が小さいとかAFが限定的とか劣る部分が他にも幾つもありますが、
コストパフォーマンスとしては3万円台のT-100の出る幕はありません。
あっちは手ぶれ補正機能が暴走して使えなくなる不具合もあったし
最終的にタイマーが発動したし。

COMMENT 0