敷居を低くしてみせたのか

値ごろ感からか「EOS Kiss X50」が浮上

ネットのニュースも雑誌もこぞってミラーレスを推す割には、
kissFでコケた廉価モデル路線もある程度成功しているようです。
ミラーレスは高機能のものがバンバン出てきてデジカメ感覚で
綺麗な写真が撮れますが、基本的に画面を見ながら撮影するスタイルだと、
大きいレンズだと体勢的にキツイだろうし結局は
デジカメの範疇を出る事は無いと思います。Nikonのミラーレスを
お店で触った時に軽くて手軽さは伝わりましたが、
コレジャナイ感が凄かった。普通に高級コンパクトを買えば
それで済むんじゃないかと思いました。
一眼レフは機構の関係でコンパクト化には限界があり、
ファインダーも撮影範囲全てを覗けるわけではありません。
それでも、ミラー越しに撮影対象を確認出来る事は非常に大きいです。
今ならネット通販で6万円あればkissX5のWズームレンズキットを
買えてしまいます。最安値が5万9千円台になったり7千円台になったりと
変動しつつも6万円を割り込んで居るショップが増えました。
昨年の春、X4のボディのみをその値段で買った我が家は一体・・・
それを行ったらkissFの中古を29800円で手に入れた私は
果たして良い買い物だったのか?という思いに至りますが。
でもkissFとTAMRON B005&A005の出費だけなら10万ちょっとだから
そう悪くも無かったか。フィルターや三脚の費用を足しても12万ちょい?
同じお金でPCの中身を新調するよりは意味がありました。

COMMENT 0