コンプリートを目指す

魔装機神2のエンディングを見ました。

魔装機神は一応マルチエンディングなので
今回見たものはその内の1つです。
シュテドニアス南北の紛争は無事に解決出来たものの
エルシーネによってヴォルクルス神殿の一つが地上に表れて
メディアに流れてしまった。彼女に操られていたプレシアは
シュウやエランによる情報と、マサキ&ジノによる「説得」で
洗脳を解いてプレシアのDNA内のヴォルクルスの呪いも
彼女自身で修復。エルシーネを倒し、ヴォルクルスの分身も倒したものの
神殿の存在が衆知の事実となった今、ヴォルクルス教団が
再び活発化するのを懸念してなんたらかんたら。
エランの真の目的は何なのか、結局分からず。
もしかして続編ありきなのでしょうか?

エピローグ自体は紛争で疲弊したシュテドニアスの復興の様子と、
プレシアがジノに一芝居打たれた(死んだ振り)事に怒って
暫く口をきかずにいたのを宥める微笑ましい光景が流れていました。
そもそも、エルシーネがジノを撃墜したのは、道具として扱うつもりのプレシアの
洗脳を解いたジノに対して「師弟愛以上のものを感じ」危険視したからでした。
ジノはともかくプレシアもまんざらではないということです。
シュウ、ジノ、好きな方を選ぶが良い(笑)

サフィーネはテリウス(シュウの代理)と二人で姉エルシーネの墓参り。
ヴォルクルス教団では大司教の立場だったエルシーネを改心させるのは、
シュウのそれより難しいとのこと。つまり死んで復活の儀式を使っても
無理だということです。どの道こうなる運命だったと諦め気味でした。


用語録やCGなどをコンプリートすると「おまけ会話」が解放されるようです。
その一つ目は「シナリオクリア」。とにかくエンディング観て
クリアデータをセーブすればいいです。残りは自力ではキツそう。
攻略本は明日発売なんですが既に店頭に並んでいるらしいです。
そしてその中身は攻略wikiの内容と変わらないそうです。
普段は攻略本を買うとしても大分後になってから中古で買いますが、
この作品は思い入れが強いので多少無駄な出費になりますが普通に買います。

COMMENT 0