次から次へと問題が

本日、祖母が退院して無事に施設に戻りました。
あくまで現時点での話です。

昨年は誤嚥性肺炎で入院、10日ちょっとで退院して
4日後に再入院しました。それから2ヶ月間、
胃瘻造設手術をしたり個人部屋に隔離をされ、退院。
隔離の理由を正確に把握してなかった家族が
祖母の衣類などからヒゼンダニをもらってしまい、
潜伏期間を経て疥癬で苦しむ運びになりました。


それから半年と少し経過して、また肺炎の症状で
救急車で運ばれて入院。またまた個人部屋に隔離され、
何かと思えばMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
免疫力が下がっていれば何を発症しても不思議ではありません。

胃瘻にしても胃から逆流する可能性はあるし、
MRSAは簡単に消えるものでもありません。
救急搬送時に当直医から話を聞いた以外は
全く説明を受けないままの退院というのは少し気がかり。
でも入院時も退院時も祖母を見れば目は生きていて
こちらの声にもよく反応します。もしこのまま順調なら、
来月には心臓のペースメーカーを入れた病院で
ペースメーカーの検査を受けなくてはいけません。
これは当初からの予定です。交換となれば当然手術の方向で進みます。
そうなった時、祖母の体が持つかどうか。

COMMENT 2

kero  2012, 02. 23 [Thu] 19:44

No title

年齢に関係なく病気というのは誰にでも
かかるものですので貴方も感染等に気をつけてください。

現時点で無事に施設にお戻りになられて
良かったですな。
色々と大変でしょうが貴方の体調もどうかお気をつけください。

Edit | Reply | 

タンバリン  2012, 02. 23 [Thu] 22:49

体力温存

いつもの事と気にしないでいるつもりでも、
やはり多少は神経使うのか疲れました。
春到来までは家で大人しくしています・・・

Edit | Reply |