笑えて泣けるほんわか作品

「天使になるもんっ!」
今日に日付が変わってから朝まで13話、
お昼から夕方まで残りの13話をほぼぶっ通しで観ました。
本放送の曜日と時刻を確認すると
1999年度上半期の水曜18時半。
記憶の限りでは講義が無くてバイトだけだったかと。
道理で見たことが無かった訳だ。


ノエルの声は昨年亡くなった川上とも子さん。
今でも残っているスタジオぴえろのHPの番組情報には
コメントもあるので見て欲しいです。
キャスト紹介でルカのCVが「南央美」となっていますが
「大谷育江」の誤りです。10万ボルトが炸裂してしまう。
南央美さんは後半登場の別のキャラ。
ノエルの川上さん、夏海の野上さんの泣き演技はこの頃から
凄かったです。夏海の死んだ兄の名前が不雪で、
ケロロ軍曹も丁度1999年春から連載開始。これは単なる偶然だったのか?
アニメーションの制作は何話かを京アニが担当して、
池田和美さんとか鵜ノ口さんなどの見慣れた名前がクレジットされていました。


天使や魔界という設定の中で悪の組織が存在せず、
前半にボスキャラかと思われたディスペルでさえも
シルキーが作りだした人形に過ぎませんでした。
ミカエルとラファエルのBL要素は、
今で言う腐女子をターゲットにしていたのでしょうね。


謳い文句の通りにハートフルなアニメでした。

COMMENT 0