けっこう進んだ

魔装機神2の2周目もあと3ステージを残すのみ。

この前終わらせたシナリオの次のシナリオが、
女性目当ての昆明旅団と戦うモード。
恐らくは男性ルートになった人への救済措置みたいなものでしょう。
ただ出撃ユニットは任意で、会話が発生する女性9人に対して
出撃数が8なので一度に全部の会話イベントを見ることが出来ません。
だからわざわざ一度会話イベントを見てからリセットして
改めて見ていないキャラを出撃させて全部見ました。
他のシナリオではそこまでやりません。
出撃前に晨明旅団の会話シーンが酷い。

ウェンディさんが好き←年増に興味はねえ
プレシアが好き←変態
ミオが好き←そうとうマニアックだな
メフィルちゃん←キャラ作りすぎだろ

この会話で自分の名前が出てこなかった事に怒るシモーヌ。
前作でシュテドニアスの捕虜だった時に
本人曰く「地獄の日々」だったので
性的暴行を受けていたのは想像に難くありません。
だから複雑な気分になりました。

でも攻略本の通りにシモーヌと特定の敵を戦わせると、
「近くで見るとシモーヌも中々」
「え、そう?」
「シモーヌ様と呼んでいいですか」
「うわ、やっぱりきしょい」
細かい文言は忘れましたが、こんな流れです。


先へ進めていくとエルシーネとヤンロンがいい仲になりましたが、
やっぱりヴォルクルスの大司教だったので物別れに終わりました。
エルシーネを救出するために参戦していた妹サフィーネも
姉がヴォルクルス教団に入っていた事を知らず、驚愕していました。
シュウは元々勘付いていたので事前にサフィーネに
「私とエルシーネが敵同士になった場合どちらにつくのか」
と質問していました。その時サフィーネは「シュウ様に決まっています」と即答。
おかげですぐにエルシーネと決別しました。

あとはヴォルクルスの分身と戦うのみ。
サイバスターの武器をもっと改造すべきか、
他の魔装機神の武器を強くするか。
最期の任意の精神コマンドはボスキラーなら幸運、
それ以外は分析とか脱力とか錬功を選択し、
資金を沢山持っているボスを幸運持ちのキャラで倒して
次の周の持ち越しに活かします。

COMMENT 0