勝つには勝ったが後味悪い

21日の試合

横浜4-3阪神(勝ち:小杉、S:山口)

小杉は一昨年のプロ初勝利の時はニュースバードで観てましたが
似たような投球内容でした。軟投で荒れ球。球威か変化球のキレを出さないと
プロで勝っていくのは難しいでしょう。それでも5回を投げ切ったのは
一つの評価です。

上位打線が繋がれば点が入ります。それがまぐれでも。
ラミレスは右方向へは綺麗に打つんですね。
左方向へも綺麗に振り抜いてフェンス直撃するのを見てみたいです。
石川の死球は気になりますが、骨折ではないようで何より。
内野陣はとにかく聖域を作らないで競争させるのが一番だと思います。
その為にも石川が負傷離脱するような形は望ましくありません。


それにしても山口は不思議投球です。今まで四球と被安打で
失点を重ねてきましたが、打たれた球の殆どが少し高いか
ど真ん中のストレート。球威を落としてコントロール重視が出来ないなら
もう腕振って思い切り投げるしかありませんが、
またキャッチャーの頭をはるかに越えて投げそうなので
ある程度制球力をつけるまで一度は抑えから降ろした方が良いかと思います。



広島は横浜相手に貯金が6あるのにトータルでは
9勝8敗で貯金が1しかありません。
横浜は逆に広島相手に借金が6あるのに
トータルで6勝11敗だから借金が5。
この対戦成績が五分五分だったらセが面白くなるのに。
巨人が負けた為に一時的に5位に浮上しましたが、
一日だけで終わるのか。

COMMENT 0