東京・横浜紀行1日目

5月2日~4日は東京方面へ行ってました。
GWはいつも長野まで車で遊びに来てもらってましたが、
高速道路の混雑で到着が夜近くになると遊ぶ時間が無いし
次の日だって一箇所回って終わってしまいます。
大体の行き場所は行ってしまったので行かれる場所がないし。
それよりは私一人が行った方が私の金銭面以外ではずっとお得。

集合場所にて高速バス(ツアーバス)が来た・・・
あれ、白くない、緑色、車体には「ダイヤモンドバス」?
知らなかったので即検索。そうしたら大阪で死亡事故を起こした
あずみの観光バスの社名変更したのがダイヤモンドバスと分かって
怖くなりました。しかし色々調べてみたところ、
今は絶対に無理をしないのをモットーに掲げていました。
http://daiamondobasu.com/
あずみの観光バスは完全に下請けいじめの被害者で、
それが事故の加害者になってしまったケース。
関越の件もそうだと思っていたらあちらはそうじゃなくて
登場人物全員グルだったんですね。事故現場は
関越自動車道で新潟側から藤岡ジャンクションで
関越ルートを取ってから上信越道側が合流してくる地点の手前。
上信越ルートだと、たとえ遠くに目をやっても
木々や遮音壁に阻まれて絶対に見えません。

バスの話は別件で書くとして、無事に、尚且つ計ったように
定刻で到着。練馬から始まる交通状況からして早いか遅いかどっちかなのに。
天気予報も外れず、雨がザーザー降っているので
親に東京到着の電話をしたらすぐに地下に潜って行動開始。

3年前だったらコンパクトデジカメ一つだけで済んでいた荷物が
今はデジタル一眼レフ2つに交換レンズ3つと大幅に増えています。
このカメラ類に加えて最低限の着替えうやタオルなどを持ち、
残りの荷物はコインロッカーに預けました。
そして都営線・東京メトロ共通の一日乗車券を購入。
これで行動の準備が完了。まずは第一目的の浅草を目指します。
都営新宿線で馬喰横山まで行き、ホームから階段を上って
改札を出て、東京メトロ銀座線の東日本橋駅の改札に入ります。
あらかじめ見取り図で確認しておいたので迷う事はありませんでした。
そこから3駅で浅草。

最初は人の流れから外れて駒形橋に向かい、
筋斗雲ことアサヒビール本社とスカイツリーを見ました。
雨でまともな写真が撮れず。

120502-01.jpg
それから雷門へ。とにかく雨。片手で傘、片手でカメラ。
グリップストラップで本当に良かった。

120502-02.jpg
仲見世を歩いてから宝蔵門へ。買い食いも出来やしない。

120502-03.jpg
境内の脇にある浅草神社。平日とはいえGW期間の日中に
誰も居ないというのはちょっと寂しいです。
これも雨の所為です。

120502-04.jpg
毘沙門天の像の周囲にある龍の飾りが面白く、
雨を凌ぎながら何枚も撮影しました。

この後、引き返す途中で外国人観光客でロシア系?北欧系?
恐らく西欧系ではないと思うのですが美人の3人組が居て
一際目立っていました。旅の恥は何とやらの精神で、
断られる覚悟で写真を撮らせてくれるようお願いしたら
アッサリ承諾してくれました。どこの国籍か存じませんが
ありがとうございました。英語圏じゃないだろうなと思いながらも
ジェスチャーと片言の英語でコミュニケーションを取った私でした。


120502-05.jpg
浅草駅まで戻り、スカイツリーの近くまで行ってみようと
都営浅草線で一つ先の押上駅まで行きました。
横浜時代、京浜急行で特急押上行きには何度も乗っているので
そういう意味では馴染みの深い駅です。
この日は株主の為の特別内覧会を実施していて
警備員が「一般の方は入ることは出来ないんです」と説明していました。
私はその前でローアングルから撮影。
とにかく雨!レンズを上に向ければ水滴が付着します。
とにかくガスっていて最悪でしたね。

この後、表参道に行くのに浅草線で新橋まで、
銀座線に乗り換えで行きました。
半蔵門線なら乗り換え要らずだったと2日後に知りました(笑)
表参道駅の北東出口から歩いて2分くらいの所に
清水湯というお洒落銭湯があり、
そこで入浴しました。タオルやシャンプーなどを持参すれば
450円で入れてしまいます。サウナに入らないなら
このワンコイン入浴で終われます。
入浴後は濡れた服を再び着て退館。
表参道から銀座線で渋谷に入り、東急百貨店で
時間を潰していました。そして副都心線で新宿三丁目、
丸ノ内線に乗り換えで新宿へ。コインロッカーの荷物を回収し、
再び地下鉄で姉の家の最寄り駅へ。地下鉄が使えるのは大きい。
家で荷物を出して濡れたものを広げたりして1時間半くらいしたら
外に繰り出して夜食のラーメンとビールを頂いて来ました。
ビールは飲みきれなくて残してしまいました。
一日目にして体力を相当使いました。

COMMENT 0