前半と後半で違うチーム

28試合目

横浜4-2中日(勝ち:国吉、S:山口)
HR:筒香1号(3ラン)、2号(ソロ)


20歳の国吉と46歳の山本昌の投げ合い。
この二人、私と父の年齢差と一緒。つまり親子の違い。
国吉は球数が多いのが気になりますが、その分だけ
相手打者が狙い球を絞れずに簡単に打つことが出来ない感じでした。

恐ろしいのは20歳の筒香。風に乗ったとはいえ、フラフラした球が
そのままスタンドに入ってしまうのを間近で観た人は驚いたことでしょう。
規格外のパワーの持ち主です。これで山本昌を負け投手に出来ました。
昌さんにはもっと先まで頑張って欲しいけど、
横浜相手なら話は別です。


後続が何とか無失点リレーで繋いで、
山口も大島へのデッドボールが余計でしたが
何とか無失点に抑えてくれて中日に2勝1分け!
吉村もバットが振れていたし
両手を上げて喜びたいところですが、
渡辺直人が守備で脱臼してしまったのが心配です。
診断の結果は亜脱臼だそうです。
関節の周囲の靱帯は損傷していないということでしょうか。
代わりに出てきた石川は渡辺の居場所を無くすくらいの
活躍を見せないといけません。藤田もあの変なバントミスが
悪印象だったので、藤田ファンとしては
また控えに入るのではないかとヒヤヒヤです。
とにかく固定は駄目、競争させないと。

ベイスターズのGW期間の成績は3勝4敗1分け。
私が東京に来た日は中止だったので8試合。
いきなりの4連敗でどん底気分だったところから
ここまで持ち直したのは筒香と吉村とラミとノリさんのお陰。
あとは彼らがコンスタントに打ってくれるかどうか。
時々打ってくれると相手バッテリーが警戒して
他の打者と真っ向勝負するようになり、
ノーパワー軍団も狙い球を絞ってヒットが増えるかもしれません。
そうなったらいいなあ、と。

COMMENT 0