ルールの範囲内

29試合目

横浜7-7巨人(9回規定により引き分け)

今日は宇都宮の清原球場での試合でした。
小杉と宮國の投げ合いという無理ゲー。
コスギッシュは過去の初勝利の時から
球威とコントロールがそれほど良くは無いと
記憶していて、今日もそんな感じで
何点取られてもおかしくないような立ち上がりでした。
それでも相手の打ち損じもあって大量失点は
しないで済んでいたのですが、石川(記録上はラミレス)と
鶴岡のエラーが更なる失点を招いてしまいました。
やはり守備が締まらないと試合がボロボロになります。

打線は、荒波とノリさんが良かったけれど
それ以外が中々打てず、5回に藤田のレフトフライを
谷が照明で見失ってタイムリーエラー。
6回はラミレスのヒットと石川・代打下園・代打小池で繋いで
2点入れて6-3。しかしその裏にコバフトがボウカーに
一発くらって7-3。8回は1アウト3塁の場面で
黒羽根のファールフライを巨人側が点差を意識してわざざと捕球、
タッチアップで1点追加。7-4で最終回へ。

荒波はまたヒット、藤田は前の打席同様フルカウントまで粘りつつも
ギリギリのコースを見逃して三振、筒香も今日は当たりなしで三振。
荒波は二塁に進んでいてラミレスがタイムリーヒットで1点。7-5。
次のノリさんの高いキャッチャーフライを阿部がポロリして
代走梶谷がホームイン、7-6。ノリさんが1塁ストップしていたのは怠慢?
膝が駄目だった?とりあえず代走一輝。
吉村がセンターフェンス直撃のタイムリー2ベースで同点、
なおも石川ヒットで1、3塁。巨人は黒羽根を歩かせて満塁勝負。
横浜は代打と代走を使い切り、8回裏で投げた藤江をそのまま
打たせるしかなくなりました。
散々粘ってピッチャーゴロでしたが闘志が伝わりました。

裏、横浜の「遅延行為」。といっても加賀が少しもたついていたのと
牽制球が多めだったくらいでそれほど酷いものではありませんでした。
巨人側は2アウトから藤村がヒットで出塁した時点で
方針を決めるべきでした。延長戦でも選手は余っていて後攻めで
圧倒的有利なんだし、打てば勝ちなんだし。
何度目かの牽制の後でやっと一塁ベースに張り付いて
「牽制すんな」をやりました。盗塁決めて勝ちに行くか刺されて延長に行くか。
結局審判は坂本へのストライクをボール判定して四球にし、
横浜に「制裁」を食らわせました。次の加治前のところで
山口俊が三振を取ったと思わせてファウルチップだったのは
何で最初に三振扱いをしておいて原監督の抗議でひっくり返ったのか。
それこそ球審がちゃんと見ていないといけないのに。

村田がデッドボールで山口がサヨナラのホームを踏んだ試合以来の
グダグダ試合でした。当の村田は相手チームに移籍して
コバフトにぶつけられてましたが(笑)
3時間半ルールを利用した横浜側の守りに賛否両論ありますが、
私は負けない事が大事だと思っています。
勝たなくてどうするという声はごもっともですが、
勝率が低いチームは引き分けが多いほど借金の数が少なくなります。
既に借金生活が始まっているのだから、
あるはずの貯金が無いみたいな状況にはなりえません。
ちょっと前の日ハムとロッテみたいな貯金数と勝率の逆転現象なんて
試合数が少ない状況でないと起きないだろうし、
引き分けルールを使ってでも負けない方が良いです。

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  阿部 まさかのポロリ「きょうは寝れねえな」
  •  ◇セ・リーグ 巨人7-7DeNA(2012年5月8日 宇都宮) ネクストバッターズサークルの巨人・阿部は、平常心ではいられなかった。同点の9回2死一、二塁。この時点で既に規定の3時間30分は過...
  • 2012.05.09 (Wed) 12:27 | ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント