使い所が難しい

注文していたTwin1 R3-UTが届きました。

120713-01.jpg
下部にピントが合ってない・・・やはり証拠写真的な撮影は
センサーサイズの小さいコンデジの方がいいか。

120713-02.jpg
レリーズと電池がついています。
側面のスイッチは即時シャッターか2秒後か。
シャッターボタンは押してスライドさせれば
バルブ撮影も出来ます。リモコン時も出来るようですが
レリーズケーブル接続じゃないと電池が勿体無いです。


120713-03.jpg

なんじゃKorea!知らなかった!
それは置いといて、電池は単5とは似て非なる23A。
電気量販店で買えるのかな?
切り替えスイッチの真ん中は受信機アリの機種用、
右がライト。だから左のまま使います。


肝心の使い勝手は、カメラの後ろからは信号が届かないのは
当たり前として、前面からだったら思ったよりは届きます。
真下や真横はさすがに無理でも、少し角度がついていれば
信号の有効距離が長いだけあって結構反応してくれます。
あと、レリーズケーブルが1mというのは長くて使いやすいです。
ケーブルの取り回しに不都合が無い場合は有線を優先させます。

ちょっと困った問題は、カメラのAFをAEボタンに設定している現状では
半押ししてもAFしてくれません。カメラ本体のシャッターボタンが
AFに設定されていない状態なのだから当たり前といえば当たり前です。
だから遠隔でAFさせるには機能設定で通常のシャッターボタンの割り当てに
戻す必要があります。最近やっと親指AFに慣れてきたので
今更戻したくないんですよね。三脚とMFで景色を撮影するなら
そんな心配は要りませんが、動体撮影時にはそんな事を言ってられません。

COMMENT 0