暗黒力で負けた

78試合目

横浜7-5東京ヤクルト(勝ち:大原、S:山口)
 HR:ルイーズ1号(ソロ)、石川1号(2ラン)


またもや古巣相手に投げる藤井でしたが、
今日は全然でした。自慢の制球力が無く、四球を連発。
ミレッジには甘い初球をスタンドに運ばれました。
連敗ストップ神話もこれで終わりか・・・と思っていました。
この時点では。

ヤクルトは既に川端のエラーやロマンの暴投をやっていて
他球団だったらボッコボコにしていてもおかしくない状況で、
現に横浜ですら点は入ってました。それでも最近の傾向として
横浜の暗黒力が勝るだろうなと思っていたのです。
しかし交流戦で10連敗したチームには多少原因があったのか。
5回はラミレスのヒットだけで相手捕手中村の
度重なる捕逸(記録はロマンの暴投)で三塁まで進み、
金城の犠牲フライで同点。前の回のルイーズのまぐれソロHRも大きかったです。
これで藤井の負けが消えました。

6回には、不調からすぐ復活したのか分からないけど
既に2安打している石川キャプテンが4年ぶりのホームラン!
これが決勝打となりました。

7、8、9回の守りは決して安心出来る内容ではなかったものの
結果的には無失点で繋ぎ、連敗ストップ。藤井は4回5失点で途中まで
負け投手だったのに大原が2イニングスを無失点に抑えている間に
野手が逆転してくれたので藤井の登板=連敗ストップの記録は続いています。

金城が走塁で足を痛めたり、渡辺が守備でまた無理をして
脱臼の再発を思わせるような表情をしていたのが不安材料です。
金城は小池で代用出来るとして、渡辺は正直誰も居ません。
ここからまた連敗街道になるのは嫌です。

COMMENT 0