祭り2

15日(日)も戸倉上山田温泉の夏祭り見物に行きました。
日中に家の用事で少ない体力を使い果たした感がありましたが、
無理して行って来ました。年に一度しかないんだし。


足湯の横のステージでは芸人が曲に合わせて
舞を踊る演目をやっていて、望遠で適当に撮影していると
かなりお年を召した女性に「見せてくれ」と言われました。
デジカメが珍しいからのようで、すぐにプレビューしようとしたら
カメラが無反応に!レンズを装着し直しても電源入れ直しても
うんともすんともしません。バッテリーを一度抜いて入れ直してから
電源オンにして復活。やっと見せてあげられました。
ただ残念なのがkissFで撮影していたからモニターが小さくて
解像度も低いから女性には「こういうものか」程度にしか分からなかったと
思います。kissX3で撮れば良かった。というかすぐ右に
東南アジア系か中国人の若い男女グループが
5DMark2と白レンズ使っていたからあっちの方が良いのにと思ったけど
他人が声を掛ける難易度が私に対してと比較したら高過ぎるか(笑)


更に、芸妓神輿が始まる前の虎ロープ警戒線が引かれる直前に
カップルか夫婦の二人組に写真をお願いされました。
一眼レフタイプがライブビューになっていて、
半押ししてみたら反応が無く、いきなり押し込んじゃったので
「撮りますよ~ハイチーズ」も無く一枚目。
仕方なく前述の文言で二枚目を撮影してあげたのですが、
あれでピントが合っているのか疑問です。
人混みで機種なんて確認する余裕も無かったのですが
撮影時のミラーショックがありました。
SONYのαシリーズなのかなあ?ああいうのも良いですね。


120715-01.jpg
芸妓神輿は動きが激しいのでチマチマとピント合わせしていては
遅くなります。14日はISO1600で失敗したので、3200で挑戦。
位置取りが悪かったので良い写真は少ないものの、
被写体ブレが相当減りました。一眼レフでの優先度は
レンズ>ボディですが、kissFだったらkissX3以降に買い換えるべきです。
kissFはISO1600が最高で、しかも等倍しなくてもザラザラです。
DIGIC3とDIGIC4の差を感じた夜でした。今度の夜祭見物には
kissFは使いません。

COMMENT 0