使い回したネタ

「ああっ女神さまっ」の第44巻を買っていないのを思い出し、
木曜日に買って来ました。

120809-01.jpg

魔界クーデター編も終わりを迎えようとしています。
ベルダンディーはハガルにパワーを吸い取られ、
螢一も隠し持っていたヒルドの分身を奪われて処分され、
手足も消されて絶体絶命だったのが全巻のラスト。
そこから逆転劇が始まるわけですが、
ウルド側の展開が「恐怖の大王」っぽかったし、
ベルダンディーを助ける螢一は「天使喰い」の時と似ていました。
正直、新鮮味には欠けました。

やっぱり日常編がいいです。次巻には日常的な展開に戻る事を祈りつつ、
アフタヌーンを立ち読みしてしまうかも。

COMMENT 0