修理は早め早めに

土曜日、家の近場の路側帯を自転車でゆっくり逆走していたら、
(歩道が無くて路側帯オンリーの道路は厳密には逆走ではない)
ホームセンターの駐車場から出てきた老婆の軽自動車に右から突っ込まれた
「もらい事故」を受けました。道路から右折で入ろうとする車が居て、
そいつも歩行者を確認しないで急アクセルで入ってきて大概でしたが、
それに釣られて安全確認せずに道路に出ようとした軽自動車は大問題です。
しかも私の自転車にぶつかってもまた踏み込んでくるし。
女性は急ブレーキ踏めないなんてよく言いますが、この件に関しては
帝国ホテルの立体駐車場の壁を突き破ったのに近いです。

歩道を横切る際に一時停止しないで突っ込んでくる連中は
金輪際運転するな!


私も自転車も無事で、せいぜいナットのキャップが飛んでしまった程度だと
昨日までは思っていましたが、どうも違和感を覚えてよくみたら
前輪がブレブレでした。もともとこんなもんだっけ?と思いつつ、
今日たまたまとある店の駐輪場で駐めておいて戻ってきたら倒れていて、
前輪ブレーキが戻らなくなる現象が発生。自転車のサドルや取り付けミラーが
傷つく事も我慢してその場で逆さまにして前輪を確認して現象を確認しました。
ブレーキはワイヤーの引っ掛かりを直したらレバーが戻るようにはなりました。
かといってこのまま走るのは危険だと思って自転車の購入店で修理を頼みました。
店員は少しずつ回しながらスポークの張りを見ているようで、
「これくらいなら調整で直ります」とのことで525円で直してもらえました。
支払い時に別の店員に「あのまま走っているとリムが歪んできちゃうので
良い時に来てくれました」と言われました。危ないところでした。
直った前輪は走行中に見た感じも全然違いました。
土曜日以前は自転車自体は正常でしたが空気が適正値よりも少なくて
摩擦が大きい状態で走っていました。今はパンパンなので
やっとまともな状態で自転車走行をすることが出来ます。


交通に注意を払うのは勿論のことです。
それに加えて自転車そのものをベストの状態にしておくことで
事故が減ります。

COMMENT 0