しつこすぎ

まーたまた民主党が人権擁護法案シリーズを通そうとしています。

民主部門会議、人権救済法案を了承
反対派の意見押し切り


私のブログをたまたま見た人がこれを初めて知るなんてケースは
恐らく無いとは思うので単なる主張の場でしかなさそうですが
この法案の何がいけないかというのを簡単に言うと、

・「人権侵害」と感じただけで人権侵害成立
・期間の人間は日本人に限定しない
・警察ですら必要な裁判所の令状が無くても強制捜査出来る

これだけだと何の目的で作られるのか分かりませんが、
法案の成立に力を入れているのは在日朝鮮人。
ネットで「在日は本名を使うべき」なんて書いただけで
半島国籍の人権救済期間のヒトモドキが「差別ニダ!」と吠え、
日本人が意見を言うことすらできなくなる恐れがあります。
これが憲法第21条を著しく制限する懸念なのです。

これとセットで外国人参政権を成立させたら在日朝鮮人の思うがまま。
どうせねじれ国会で成立しないよ、ではなくて逐一苦情のメールや
問い合わせの電話など、国民が動く必要があります。
国民の声というのは集まれば大きな力になります。
一人ひとりが出来る範囲で良いので少しずつ日本を良い方向へ
導くように行動していきましょう。

COMMENT 0