このままでは3タテされてしまう

112試合目

横浜1-2巨人(負け:国吉)

国吉は立ち上がりが悪くて初回失点で
炎上覚悟でしたが結局7回2失点。
5回裏の無死満塁を切り抜けたのが一番大きかった。
WHIPが高いので、それを低くするのが課題。
でも炎上が当たり前になって下に落ちた頃を思えば
重量打線の巨人相手にタイムリーヒットやホームランを打たれずに
犠牲フライだけってのは凄いです。2点目なんて
ラミレスがフライ捕球を荒波に任せて居たら
刺せていた可能性が高かったし。


攻撃は小山を攻略出来ず、その替わりに山口を攻略寸前。
イケイケだったのに無死2、3塁で森本がスクイズ失敗したところで
運が尽きました。守備妨害だと抗議して打者だけアウトにしたけど
次が続かず。9回は西村に3者凡退。

この3連戦、勝てそうな試合は今日だけだったと思います。
明日は田中健二朗とホールトン。ホールトンを打てる気はしないし、
田中が国吉並に抑えられる気はもっとしません。
打線の方は少し条件が変わってくるかもしれません。
中村ノリが戻ってくるから。
怪我だけじゃなくて采配批判と、その後中畑に怒られてからの態度が
良くなかったみたいで下に落とされていたらしいです。
謝罪は既に済んでいるから上に上がってくる運びになったそうです。
黒ノリが酷いようなら「どんなに打ってくれても要りません」ですが
そこまでではないと思いたい。各記事の中身を総合してみれば
分からないでもないから。それよりも問題はショート。
梶谷はミスが多い、渡辺は満身創痍。内村が居て尚且つ
藤田が居たら、なんて現実逃避をしてしまいました。

COMMENT 0