良い部分悪い部分

120試合目

横浜3-3広島(10回規定により引き分け)

先発の加賀美が8回に打たれてしまいました。
焦って勝負に行ったのがまずかったです。
2-1が逆に3-2になって、次は9回表の攻撃しか
残っていなかったので確実に負けたと思いました。
しかし、その9回表は荒波がヒット、内村が送って
さらに荒波が三盗、ノリのセカンドゴロをショート菊池がファンブル。
その間に荒波はホームインで同点。
勝ち越しはできませんでしたが、山口が9回裏と10回裏を投げ切って
引き分け終了。

森本がブレーキになってしまったり
梶谷が5打数1安打1失策でいつも通りだったり、
打線が相変わらずの試合でもありました。
ただ4回みたいに梶谷、高城、投手の加賀美が
繋がって1番の荒波が犠牲フライを打つような
展開があったのは収穫でした。
あの回のノリは駄目だったけど内村がバントで送って
クリンナップで返す為の形が出来ていました。


勝てれば良かったけど負けなくて良かったです。
しぶとい野球は大事です。

COMMENT 0