大きい事は良いことだ?

一眼レフデジカメもAPS-Cから35mmセンサーへ
以降する流れが始まったのかもしれません。

ニコンがD600を発表し、
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d600/

キヤノンも6Dを発表しました。
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/6d/index.html

春先に出たD800や5DMark3と比較すると性能はかなり劣ります。
エントリー機にちょっと機能足してフルサイズセンサーにした感じ。
私はAPS-Cの上位機種とフルサイズ機との間の価格差を埋める意味で
廉価フルサイズの登場は良かったのではと思います。
画質だけじゃなくて画角が広く取れる所が良い。

ソニーはフルサイズセンサーの高級コンパクトデジカメを発表したし、
時代はフルサイズです。私はAPS-Cが廃れるまでお付き合いすることに
なりそうですが。

COMMENT 0