こいつは目からゴボウだな!

先週から「リトルバスターズ!」のTVアニメが始まりました。
昨年は3年続いたラジオ番組も終了し、外伝やリメイク、イベント各種と
盛りだくさんの中でアニメ化だけは無理だったかと
ガッカリしていた昨年の無念が今年になってようやく晴らせました。


まず、新たに始まったラジオ番組の「リトルバスターズ!R」。
聴く手段が増えました。

音泉のページ
http://www.onsen.ag/program/litbus-r/index.html
響のページ
http://hibiki-radio.jp/description/litbus-r

能美クドリャフカ役の若林直美さん、
第一回から速攻で弄られてるんですが
敢えてそれ以上は言及しません(笑)

ニコニコ生放送の第一回
http://live.nicovideo.jp/gate/lv109631331
こっちは見ることが出来ませんでした。
今この瞬間にプレミアム会員になれば今日ギリギリで見られますが、
半月近く経って525円取られても面白くないので諦めます。

そしてアニメの第一回。原作準拠の流れと演出だったので
原作ファンとしては良かったです。何も情報が無い人があれを見て
面白いと思うかは分かりませんが、原作をぶち壊して新規さんの気を引こうと
分の悪いギャンブルをするよりは、古参のファンを満足させて尚且つ
新規が取っついてくれれば言うこと無し、というスタンスが良いと思います。
勿論、原作が単なる動く絵になったのではなくて声でも作品の仕上がりが違います。
ゲーム音声の個人録りとアフレコ現場では大きな違いがあるから
「『ここの声はこれじゃなきゃいけない』という気持ちは分かるけど、
そこは理解して欲しい」ような事を緑川さんがラジオで話していました。

例えば、真人が野球の「残りのメンバー」を2回言ったのを突っ込まれた時に
「意味なんてねーよ、ごめんなさいでしたー!」と叫んだ台詞は
原作と開き直り風、アニメでは悲観的なニュアンスでした。
なるほど、これもそういう事か、と納得。色々な楽しみ方があります。
あと、主題歌とEDのアレンジバージョンカッコイイ!Ritaさんいいですねえ。
理樹の声が意外と合ってる!あゆみたいな声だったら
どうしようかと思っていたけど流石ほっちゃん。
佐々美の声も高笑い系として徳井青空さんは向いている!
そしてなぜ佐々美の取り巻き三人衆の声が神田、野中、広橋。
何かがおかしい。他に出番はあるのでしょうか。

これから毎週楽しみです。

COMMENT 0