普段快適なら十二分

前回はWindows8にしてからのデメリットを少し挙げました。
今回はメリットというのか、私が個人的にXPから乗り換えて
良かった~と思った点を書きます。

・インターフェースの充実
別にMetroの事を言っているのではありません。デスクトップやファイル管理などの
基本的に快適度が格段に上がりました。3D処理(これは自分だけの問題か)や
動画再生の音声同期(これも音声側がMP3によるものが大きい)不具合を持っても
やっぱり「補って余りある」なんです。
ファイル名を変える際、XPは右クリック操作にしてもF2キー押下にしても
拡張子までドラッグ状態でスタートしていて、フリーのツールが必要でした。
それが拡張子を省いてドラッグ状態になるは楽です。
ファイル表示形式も、大きなアイコンで動画のサムネイルを表示させると
ファイル名だけでは分からなかったものを視認できます。
その場合、ちょっとキャッシュ作成に時間を取られますがAeroみたいに
リソースを食われる程ではありません。Core2Duo程度でも軽い軽い。
ウィンドウのバーをダブルクリックして最大化、
最大化した状態でバーをドラッグして最大化解除。
最小化するとタスクバーのクイック起動アイコンと被りますが
ハイライト状態になっているかそうでないかで
起動中か起動していないかが分かります。そこをマウスオーバーすれば
サムネイルが出てきてバックグラウンド状態も把握できます。
ファイル移動、エンコード、何かの作業中に窓を最小化すれば
タスクバーにパーセンテージだけじゃなくてゲージ表示されて
分かりやすくなりました。マウスオーバーでサムネイル表示。
WMPで再生した動画を再生しながら最小化すればサムネも動いてます。
クイック起動バーに「デスクトップの表示」で
全ての窓を最小化できなくなったのが最高に使いづらいと思っていたら
画面右下角をクリックするだけでいいし。マウスオーバーするだけで
各窓の薄い縁取りを残して透明化してくれます。
Metro封じにはフリーの「Classic shell」があればwindowsキーですら従来仕様に戻せるから
不満はあまりありません。


・起動速度
設定を変更しない限りは普通にシャットダウンすると次回の起動は
QuickBoostで始まります。ちょっと危険かもしれませんが
単にPCつけてネットやって終わるだけならこの起動でも大丈夫でしょう。
SSDなら尚良し。


もし、Windows8を買わないでSSDにXPの環境を移しただけだったら
今ほど快適ではなかったのは確実です。PSO2は進んでいたでしょうけど。
とりあえず手持ちのNECレーザープリンターのドライバがリリースされれば
当面の問題はありません。ちなみにエプソンのスキャナは普通に
ドライバCDから各種インストール出来ました。スキャンも出来ています。

COMMENT 0