原作時間でも普通に季節外れ

自分の体がイマイチどころじゃないけど
それはさておきリトバス第11話の感想。


アニメが始まってからも肝試しエピソードで1話使うとは
全く予想もつきませんでした。そして絆スキップも一応再現(笑)
アニメでの肝試しの組み合わせは

1、鈴・小毬・クド
2、理樹・来ヶ谷・葉留佳
3、真人・謙吾

(恭介は仕掛け人だから無し)

ゲーム原作では組合せを選べます。美魚も普通に選択肢に入っていて
なかなか面白かったと記憶しています。EXをちょっと再開したけど
過去のセーブデータがHDDどこかに退避させておいたような・・・
ニコニコ動画黎明期にはプレイ動画見られたんだよね・・・
小毬が肝試しについて怖い認識を持ってましたが、
あれには「タバコの火を目にどれだけ近づけられるか」という例えが
原作であって、小毬が凄く怖い。

葉留佳が得体のしれない寒気に怖がって理樹に抱きついて、
実際は開いた窓から風が吹き込んだだけという時に
理樹に対して照れながら平然を装う様が非常に可愛かったです。
次は美魚のルートっぽいけど葉留佳のルートはまだ?

ラジオの「リトルバスターズ!R」のOPが咀嚼音でクチャクチャだ!
緑川さんがこの肝試し回のアフレコに際して、仕掛け人役の自分だけ
この場面に絡めなかったから残念がって
「理樹と二人でやりたかった」って(笑)
しかもBGMで美魚のテーマ流れてるし(爆)

COMMENT 0