大きすぎても困る

先日まで欲しかったPS3純正の無線ヘッドホン(海外版オンリー)は
壊れやすいというレビューがちらほらあったので止めることにしました。
機能が良くても耐久性が低すぎたら買う気になれません。

その代わりに従来のイヤホンやヘッドホンを直接繋ぐ方式を採用。
ネットでは色々と出てきますが、PS3本体から音声をRCA出力させ、
形状変換ケーブルなどで最終的にイヤホンに繋がれば良いとのこと。

私が買ってきたのはこの2つ。

121227-01.jpg
VictorのAP-119AとCN-2010Aです。
別にメーカーや形に拘りは無く、
近所のヤマダにこれしか売ってなかっただけの話です。

写真の2商品を合体させます。
右側の中継ソケットは両端共にステレオミニジャック。
赤白のステレオピンジャックはPS3から出ている同じ色の
ステレオピンプラグを繋ぎ、
中継ソケットの残りの穴にイヤホンのステレオミニプラグを繋ぎます。
もし音声出力をHDMIに任せている人は
本体付属のコンポジット接続用ケーブルを挿して
音声をAVマルチからも出力されるように設定し直す必要があります。
私の環境では最初から映像がHDMI、音声がAVマルチなので
別段変更する必要も無く音が出ました。
余談ですがAVケーブルと電源ケーブルだけは
PS1から使い回せるSCEIの謎。

出力される音声は若干サーというノイズが乗りますが
音質はそこそこ良いと思います。
1万円以上のヘッドホン、イヤホンだと
「悪い」となるかもしれません。私は十二分に許容レベル。
それよりも音量が大きすぎるのが許容出来ません。
第二次スパロボOGはBGMの音量しか変えられないので
音量を最低にしてかろうじて普通の大きさに出来ても
音声やSEは爆音で聴覚が破壊されてしまいそう。
平和的に使うには音量を調節出来るケーブルか機器が必要です。
機器を噛ますと高くつくのでケーブルで安く済ませたいけれど
ボリュームツマミの加減で左右のバランスが崩れたり、
速攻で壊れたりするものも多いです。
実際に私もスマホで音楽聴く用に買って喜んでいたら
すぐに故障してしまいました。
消耗品と割りきって使うか、数千円で調節機器を買うか。
もうちょっと迷うことにします。それまでは
今まで通りオンボロミニコンポに繋いでそこからイヤホンです。
ノイズが大きい…


(追記)
ブログ更新から40分間悩み、ボリュームツマミ付き延長ケーブルで
安く済ませることにしました。これとPS3用連射コントローラーを注文。

COMMENT 0