使い続けて早10年

私が所有している軽自動車に搭載しているオーディオは
KENWOODのRX-590MPという11年前のもので、
買ったのは登場から一年後でした。
カセットプレイヤーしか存在しなかった我が家の
カーオーディオ環境では初のCDプレイヤー。
CD-Rに入れたMP3が聴けるだけで嬉しかったものです。
自家用車を持ち込む登録型派遣の仕事をやっている期間に
このオーディオを取り付けたものだから
運転中だけは気分が良くなりました。

デフォルトでは外部入力に対応していませんが、
オプションでAUXケーブルを接続させることが出来るので
数年前にそのケーブルを買って、自分で取り付けました。
今はスマートフォンを使えるから便利です。
Bluetooth受信機を胸元に取り付け、そこから
それとAUXケーブルを繋げばスマホはポケットの中でも
大丈夫です。受信機に受話スイッチがあるから
運転中でも合法的に電話を取れます。

しかし、10年戦士ともなるとガタが来るものです。
説明が上手く出来ないので別サイト様の写真に頼ります。
http://www.elv-er.jp/detail/detail.aspx?ItemNo=6897
CDの出し入れの際はこの写真の左のようにパカっと開けてから行います。
開いた状態を元に戻して、写真に見えている金属端子同士が
接触することで画面に通電し、操作出来ます。
しかし、経年劣化でその接触が怪しくなり、
カチッと閉じているのに若干浮いてしまっているようです。
だから「強く押すと画面が消える事があります」
という注意文の通りになってしまいます。


もし、操作そのものが出来なくなってしまったら
新たなカーオーディオを買う事を検討します。
自分で取り付けるなら13000円程度で欲しいものが買えそうですが、
配線の取り回しが面倒ならお店にやってもらいます。

COMMENT 0