幸先良く発進

WBCを準決勝敗退して国際大会の熱もとっくに冷め、
あっという間にペナントレースの始まりです。

1試合目

横浜4-3中日(勝ち:吉川、S、山口)

中日、ナゴヤドーム、相手の先発は吉見、
勝てる要素がない試合でした。こちらの先発は
6回3失点くらいが普通の藤井。球数投げられないのに
今は球数で散らすスタイルだから仕方ないです。
番長だったらジンクス通りに負けるだろうし
ベターな選択でした。ただ去年と違って中日から獲得した
ブランコ、ソト、ソーサが居ます。それが勝利の鍵でした。

初回、吉見の立ち上がりの悪さを突いて1点取りました。
石川が出塁して内村が進めてブランコとラミレスで返す形は
今後も続けていって欲しいです。
新助っ人のモーガンは最初は打てない守れないで
どうなることかと思いました。後半はヒットも打ったし
内村のジャッグルを助けたので二軍落ちするまでは
生暖かく見守ることにします。

藤井はモーガンのミスで余計な点を取られたものの
6回2失点は許容範囲中の許容範囲。出来ればリードした状況で
降板してもらいたかったけど仕方ない。負けを消してあげるのが
今の横浜の精一杯でした。ソーサはイマイチ。といっても
まだ1試合。評価を下すのはもっと先の話です。
ブランコが開幕戦で出来すぎただけ。トータルで働いてくれたら
それで十分です。山口は何故か三者凡退に仕留めました。
え、勝ち投手の吉川?SBにトレードされる前と何が違うのか分かりません。
あれだけビビって四球連発するようだと、
コバフトとどっちがマシなのか判断が難しい。

明日勝てば一応月間勝ち越しらしいです。中日のホームで勝ち越すのは
横浜でなくても難しいから、春の珍事に期待するしかありません。

COMMENT 0