点が入る喜び

5試合目

横浜4-7巨人(負け:井納)
 HR:中村1号(ソロ)


井納の初先発はほろ苦いデビューとなりました。
でも内容は今後を期待させる出来で、ラミレスの
落球が無かった状態での結果を見たかったです。
そのラミレスが打線で取り返してくれれば接戦に持ち込めたけど
出し続けるなら仕方ありません。同じ打たないなら
多村と交代させておけば落球は無かっただろうけど
5回表に阿部をホームで刺す事も無かったでしょうね。
ラミレスと同じく今季に二千本安打がかかっている
中村ノリが後半に一矢報いるソロHRを打ってくれて
観ているこっちの気持ちが落ち着きました。


石川や元楽天の二人みたいに一塁への執念が
他の選手にも浸透すれば打線はもうちょっと繋がります。
あとは何度も書いてくどいけど守備。

調整登板の山口俊は慎重になりすぎて大田に四球、
長野が送りバント、松本哲也がファーストゴロで
ランナー三塁において坂本。坂本は二遊間に深いゴロを打ち、
石川がなんとか一塁に送球出来てアウトを取れましたが
前の石川だったら回りながら投げられなかったでしょう。
取ってから投げる間のステップも減ってるし、
投打にわたって進歩しているのは我慢した甲斐があったなあと。


本当は勝たなきゃ駄目だけですが、今年のベイスターズは
攻撃を見ていて面白いだけマシってものです。

COMMENT 0