完全に壊れるまで付き合うか?

昨日、外を歩いていたらドコモショップから電話がありました。
修理に出していたスマホが修理されて戻ってきたようです。
先週の話だと一週間から10日は掛かると言っていたけど
実際よりも予め長めに言っておくのは常套手段。
要らぬクレームを避ける安全策を講じるのは良いことです。

しかし店内の待ち時間はそう簡単にいきませんでした。
転出超過といえどもトップシェアのキャリアの代理店が
休日に混まない訳がない。店員さんに「今からですと
30~40分掛かってしまいます」と言われ、発券された
整理券を持って店内で待つことにしました。
少し後に来た団塊ジジイが文句つけてたけど
みんな同じ条件なんだから仕方ないだろうに。
私は待っている間に展示されている冬春モデルの
ホットモックを触っていました。なぜか皆触らない。
若い家族連れの主婦だけが店員に案内を受けて
カメラ機能が充実している機種を所望していた程度。
私の機種もあと二ヶ月ちょっとで発売から2年になります。
現行機と比較するとさすがに見劣りします。
でも今使っていて基本的な機能に不満は無いので
月々サポートが切れる7月以降は高い基本料金で戦います(笑)
それにしても高い端末代を丸々支払って
月額料金を少し引く販売方式は得した気分がしないシステムですね。
ローンの先取りというか。

待ち時間は35分でした。30~40分と言ってこれだから
素晴らしい。それで代替機の返却と修理完了品の交換は
再起動時間とかデータ消去の細かい時間を除いて迅速に済ませられました。
Xperia Acroは良い機種でした。しかし内蔵データが少ないのがネック。
あと再起動にやたらと時間が掛かります。イヤホンジャックや
USBコネクタ側面なのは私的には不便でした。ストラップ穴は下部中央にあって
逆さに吊るすタイプでこれは気に入りました。ギャラクチョンS2は
左上で裏蓋外して細かい作業が必要になって面倒くさい。
ただ圧倒的に違ったのは画質。Acroの液晶にやっと見慣れたと思った頃に
有機ELを見てしまうと、さすがだな、と感じさせられます。
まあS4がどうだろうがもう買いません。そんなお金があったらXperia Zか
PanasonicのP-02Eを買います。


修理の内訳を書き忘れていました。
「充電不良の症状がメーカーでも再現され、錆を確認、各部品を交換。」
これだけ。なのに、家に帰って確認したら画面右上の常時赤点灯ドットが無くなっています。
シリアル番号確認していないから分かりませんが、
結局リフレッシュ品に無償交換しただけだと思います。
バージョンは最新だし、普段使っているアプリの最新バージョンに
不備がある場合にちょっと残念な程度で、
普通に使えればもう何でもいいです。
両親にはメールでSMSのやり方をそれぞれ教えておきました。
大きな音を立てずに連絡を取り合えるなんて便利な世の中になったものです。

COMMENT 0