綱を渡り切っての勝利

33試合目

横浜3-2広島(勝ち:三浦、S:山口)
 HR:ブランコ17号(2ラン)


今年の三浦はいつ被弾しても驚かないほどの球威。
ギリギリ踏ん張って6回2失点でした。そこはベテランらしい。
ブランコはホームランが無いと思っていた所で初回から
叩きこんでくれました。そして三浦の登板時には中村ノリが頑張ります。
今日も2安打、1打点。終わってみればそのタイムリーが決勝打でした。

1点リードのまま、7、8、9回を迎えるのは心臓に悪いです。
7回は石川のエラーでピンチを招き、8回はソーサが荒れて大ピンチ、
9回も山口が得点圏にランナーを許す。
スコアボードだけ見れば上手く守り勝ったように見えますが、
中身はお互いに拙守拙攻でハラハラ・ドキドキ。


明日は前田健太が立ちはだかります。ノーノーやられたらたまらない。
ヒットを打ったとしても散発3安打とかで負ける可能性が高いから、
今日勝っておいてカード勝ち越しの可能性を残したのは上出来。
借金が1に減ったし。明日負けても2。でも広島に負け越して
巨人戦で3タテ食らったら借金6で交流戦に臨むことになり、
坂道を一気に転げ落ちてしまいます。理想は広島に2勝1敗、巨人に1勝2敗。

COMMENT 0