現状不利かそれとも有利か

一昨日の鶴ムラン見れば分かると思う。って書いたところで
試合結果のエントリーに鶴岡のホームランを入れてなかったのに
気づいて慌てて修正したところ。

統一球 今季開幕から変わっていた!

私も含めて殆どの人がボールが変わったと思っていたことでしょう。
ごく一部の人が「今年から対応出来ている」と言ってましたが、
反発係数が低いボールを一年で飛ばせるようになるなら苦労はありません。
去年一昨年だけ成績の良かった投手はご愁傷様。
逆に考えれば延命出来たとも言えますが。
三浦は2010年で引退しそうなところを
統一球に救われたタイプだったのに、
今年は負け越し濃厚ながらも現在の防御率3.53台、
被本塁打8で与四球9。私の予想に反して
イニングを食ってローテに居てくれるし感謝です。
逆に打者は今期が復活のチャンス。

何のために統一球というものを使って、何で2年で止めたのか。
メジャーに対抗して飛ばないボールを使ってみたけど
予想以上に飛ばなかったから元通りにしました、
って事ならあまりにも情けなさ過ぎます。
日本プロ野球機構の姑息な体質がとは別に、
NPBの打者レベルがメジャーと比較してはいけないほど低いということが
情けない。もう日本は独自路線で突っ走るだけ突っ走って下さい。


問題は、ベイスターズの今の投手陣がこの飛ぶボール相手に
守りきれる訳がないということ。現状では先述の三浦、
奪三振の三嶋、荒れ球で抑える藤井の3人が望み有り程度で
他は中継ぎ含めて信用なりません。打ち勝つって言っても
基本的にタイムリー欠乏症でエラーしまくりでは辛い。
ビジターではほぼ互角の戦いをしてきたから
ホーム球場を広くすれば良い。しかしそれは都市公園法の規制があって
絶対に無理。やっぱり飛ぶボールに負けない投手を一人でも多く
連れてくるしかない!

COMMENT 0