三塁打が出ればサイクルヒットだった

61試合目

横浜7-2西武(勝ち:三嶋)
 HR:モーガン2号(3ラン)、中村9号(2ラン)


こっちは期待が持てる三嶋が先発。しかし相手はWBCで無双した牧田。
勝てそうにない組み合わせでした。三嶋は先頭打者の秋山にホームランを打たれると
四球と2ベースで追加失点。このあとは三振をそこそこ取っていたけど
安定せず、122球も投げて5回3分の1しか食えませんでした。
中継ぎは林、加賀、阿斗里が運だけで抑えたような無失点でした。
つまり実力ではないということ。今後も投手の台所事情は厳しいです。

相手西武の牧田はもっと安定せず、覚醒中のモーガンはあのアンダースローを
2ベースに3ラン。金城死球で梶谷2ベース、金城力走で追加点。
牧田は今シーズン最短の4回で降板。この時点ではまだ2点差だったのに。
次の小石からはノリが通算399号となる9号2ランを打ち、
7回にも増田からタイムリーを打って7-2。勝負を決めました。


9回裏に登板したソーサは一人ランナーを出しただけで比較的安心のピッチング。
三嶋-牧田の対決で勝てると思ってなかったし、NHKで中継やっていたから
モーガンのはっちゃけたヒーローインタビューも見られて大満足でした。

明日も勝つのは難しいけど、奇跡的に勝ったら8勝16敗で交流戦を終えられて
私の希望通り借金10でセの戦いに戻れるんですけど~。

COMMENT 0