引越しさせないと始まらない

本日、CPUが届きました。

130623-01.jpg
一足早く買っておいたマザーボードとメモリも合わせて
とりあえず装着だけしておきました。
これをやっておけば組む時にはケーブルを繋ぐだけ。
CPUソケットが775から1155に変わっても、
構造は変わっていませんでした。
リテールクーラーもCore 2 Duo時代と似たようなものです。
相変わらずプッシュピン固定。


3TBのHDDを買ってきて外付けでデータ移動させようとしたら
3TBどころか750GBしか認識してくれませんでした。
ググってみたら仕様だそうで。仕方なく内蔵接続で
PCを再起動させ、コマンドプロンプトから「sel disk」で
パーティション削除してもう一回フォーマット。
今度はちゃんと認識してくれました。

次なる問題が。現在、システムに使っている128GBのSSDの他に
500GB、1TB、2TBのHDDを積んでいます。新しい環境では
SSD、2TBと3TBのHDDで運用するつもりなので、
中身を移動させています。これが全然進みません。
大容量の動画ファイルはともかく、デジカメ撮影のデータや
もっと小さなファイルの山の転送速度が激遅。
物理的な保存位置の問題もあるのでしょうが、
1MB/sの時は絶望感が半端ないです。
数百GBのデータを移動させるのにどれだけかかるのやら。
しかもWindows8になってから管理者権限がどうたらと
うるさくなり、途中で止まることも。
このクソ五月蝿いのだけがwindows8の不満といえば不満です。


この分だと新しいPCを組むのは火曜日か水曜日以降になりそうです。

COMMENT 0